コードギアスR2 第8話(Turn8) 「百万のキセキ」感想1 

うわー、ゼロがいっぱい~!!!「この手があったか~」というジノのセリフはそのまま視聴者の意見です。「すべてのゼロを国外追放処分へ」うーん、これはうなりました。ギアスってセリフや映像の一つ一つが伏線になってたり回答になっていたりするじゃないですか。今回の話も前半から後半にかけてまったく無駄がなかったというか、セリフ一つ一つに後に繋がる重要な意味が隠されていたりして、理解して文章にするだけでものすごく疲弊します。

そして今回から明確なキーワードが出てきました。「約束」

Turn8に明示的に出てきただけでも

  • ロロとルルーシュの約束
  • ブリタニアとゼロの約束
  • ゼロとスザクの約束
  • ルルーシュの言うとスザクの「あの」約束→スザクのユフィに対する誓い


(そういえばギアス自体も「契約」でしたね)

などありましたからね。特にルルーシュとスザクの「あの」約束って今回ゼロとスザクで交わした約束とは違うものかなぁ~と思ったりしてます。「約束」という言葉が今後いろんな形で出てきそうです。
※修正 「あの」約束はユフィの霊廟でのスザクの誓いだと解釈しました。→とすると、「平和で優しい世界を作る」というスザク、ナナリー、ルルーシュの目標が明示的に一致した回なのでは?と思えてきました。)



今回の一押し

■百万人のキセキ

今回この流れでうーんやられた~と思ったことを。

  1. ゼロを一旦国外追放にし、ルルーシュがゼロを捨て、騎士団も裏切ってルルーシュとして生活していくのではないかと思わせた後のどんでん返し
  2. 「ゼロ」を記号化し、百万の民を「ゼロ」とすることでブリタニアとの約束を逆手に取ったこと
  3. スザクへの問いを通して日本を離れる百万の民への説得
  4. ゼロ予測「スザクは絶対虐殺を行わない」
  5. スザクに残った日本人の保護を約束させた
  6. 日本人のスザクに対する意識の転換?(これは想像)



■1 ゼロの提案

ラウンズを中心としたブリタニアとの会見でゼロが提案したのは
  • 特区に百万を動員すること
  • そしてなんと国外追放にすることで「ゼロ」を見逃す


というものでした。この時点で、一旦ゼロが国外逃亡したと見せかけて普通にルルーシュに戻って生活するのか?などと思い、まんまと騙されてしまいました。そうはいかないのがギアスだった!

続く2も1と関連しますが、長くなるので分けました。


■2 ブリタニアとの約束

ゼロはブリタニアと「ゼロを国外追放」にする約束をとりつけました。

ここだけはちょっとあり得な~いと思ったのですが。
この場合は外交とは違うのですから口約なのですかね。その辺りの細かいことは置いておいて、
通常契約を交わすときはまず契約を交わす相手が何者であるかを明確にしておかないと法的な責任者が分からなくなってしまいます。そしてゼロが言った「ゼロ」の意味。ここでいう「契約対象者」も定義しておかないといけないはず。

だいたい正体を知らない相手としかもその人物を対象に契約するなどあり得ないじゃないですか。しかも優秀なラウンズさんが3人もいて。
桐原のように仮面を外させるとか正体を明かすとかの場面(ロイドさんの問いかけ止まり)のがブリタニア側として抜けているのはちょっと腑に落ちません。


ミレイさんのいう「ゼロを記号にしてしまった」とはゼロ=特定の人物を指すものではなく、ゼロの衣装を身にまとい、ゼロと名乗るもの、ブリタニアに反旗をひるがえすもの全員がゼロである(真贋は行動によって量られる)」という意味に捕らえられると解釈しています。



■3 日本人とは


前半でもゼロは藤堂に語りかけていました。

「日本人とはなんだ?」

ものすごく哲学的であり、「日本人である」というアイデンティーをどこに持つのかという根源的な問いです。

ゼロ「それより枢木スザク。君に聞きたいことがある。
日本人とは…民族とは何だ。 
言語か、土地か、民族か、血のつながりか」


画像
スザク「心だ」

画像
ゼロ「私もそう思う。自覚、規範、矜持、つまり文化の根底たる心さえあれば、住む場所が異なろうと、それは日本人なのだ」



日本は島国であり、他国から本格的に侵略を受けたことはありません。そして農耕民族であり過去において土地が租税単位になっていたことからも、「先祖代々の土地」についてはひとかたならぬ執着があるはずなんですよ。
上から「安全を保証するから移住しろ」といっても100万の民を納得させることは不可能なはず。
しかしゼロはスザクの答えを予想し、それを肯定し、100万人を納得させる材料にした。

ゼロはスザクを通して「自らを日本人と定義づけるものは何か?」を百万人に考えさせ、納得できる答えを与えて見せたのです。うーん、これは上手い。


■4 揺れるスザク


スモークを焚いた時点でブリタニアが鎮圧行動を取らないかはジノやローマイヤの態度から相当綱渡りだと思いながら見ていました。でも最終的にユフィのことがあるのでそうは早まらないだろう~と思っていました。

そして最後にスザクも同じセリフを語ってくれたのでちょっと嬉しかったです。

スザク「これは僕が発砲命令を出さないと信じてこその作戦だ。ゼロは僕のことをよく知っている。」


ただスザクもかなり危うかったですね。

ゼロ「命令しろ、ゼロを見逃せと」
スザク「命令しろ、ゼロを撃てと」



今回ローマイヤもそうでしたが、ジノ、ニーナなども完全にユフィー、ナナリーと対極にある正に「ブリタニア体制側」の人間として描かれていました。


ローマイヤがあまりにユフィの惨劇を繰り返そうとするので、補佐官の分際で、なんの権限があってそんな短慮に走るの?と殺意さえ芽生えました。

冒頭で「お前の罪は消えない」と断じてゼロを許さないことを誓っていたスザク。許してはいけないという思考が拭えないスザクは(当たり前ですが!)、ゼロを逃がさないために、一度は「ゼロを撃つ=百万の民を虐殺する」という道に進もうとしてしまいます。


しかし揺れるスザクの心を決めたのはユフィとナナリーの言葉、そしてローマイヤの暴挙。


画像画像

撃とうとするローマイヤにユフィーの悪夢を思い出すスザク。そしてすべてを許すつもりのナナリーの言葉がリフレインします。


スザク「ユフィもナナリーも許すつもりだった。」
前半でナナリーも言っていました「すべてを許すつもりだったのに…」

画像
スザク「約束を違えれば他の国民は我々を信じなくなります」




■5、約束

スザクは100万の民を逃がすために、ゼロに言います。

スザク「約束しろ、ゼロ。彼らを救ってみせると」

ゼロ「無論だ。枢木スザク」

そして逆に問いかけます

ゼロ「君こそ救えるのか エリア11に残る日本人を」


画像
スザク「そのために、自分は軍人になった」

画像
ゼロ「わかった、信じよう、その約束を」



画像

「聞こえたか。すべてのゼロよ。枢木卿が宣言してくれた。不穏分子は追放だとな。これで我らを阻むものはなくなった。いざ進め!自由の地へ!」



ゼロはズザクの問いかけを逆手に取り、スザクがエリア11の日本人を救うという約束を取り付けます。これは先ほど書いた契約からいうと、「誰と結んだ誰に対する契約」とか「日本人」とか「救う」とかの定義はなされていませんが、それはちょっとここでは置いておきましょう。
ただここで重要なことは公の場でスザクが何故自身が軍人になったかを明確に示したことであり、さらに、日本人を救うことを約束したということなのです。

(※追記) 
コメいただいたので…特区に参加しなかった日本人は置いてきぼり?という話ですが、残る日本人のためにスザクの問いかけを利用して、スザクに残る日本人の保護を取り付けたと思っています。これはゼロの「特区参加者はこっちで責任を持つから、残る日本人はスザクで責任を取れ」という約束なのだと思います。詳細はコメント参照してください。




■6 スザクに対する世論


現状、日本人のスザクに対する意識はアーニャが分析してくれていました。

アーニャ「あなたってマゾ?」
スザク「は?」 (→ぶしつけな問いに対するスザクの反応がおかしいですよ)


恨まれているのを知りながら、エリア11を志願した。
ナンバーズの英雄。
日本を裏切った男。
ゼロの敵。
ここは被告席。
ねたみと恨みがあなたを殺す。



アーニャの意見は日本人の総意なのでしょう。(何気にアーニャはスザクをよく見ていて、助け船を出してくれています。)

それに対するスザクの答えははなっから人に理解してもらうことをあきらめているようです。
「誰かに理解されたいとかそういうのはもういいんだ。
昔分かってくれた人がいたから。…それに僕はもともと罪人だし」


ユフィが一度自分を理解してくれたことで十分、もうそれ以上はいらない。という彼の思いが語られています。父親殺しがきっかけで「自分嫌い」になったスザクですが、一時ユフィにより彼の心の扉は開かれました。

しかし、そのユフィを失ってしまった。

唯一の理解者であるユフィを失ったことで、彼の真意はさらに奥深くに閉ざされてしまったのではないでしょうか。

だから日本人全員に恨まれようと、理解されなかろうと、言い訳も弁解もせず、あとは自らの信念を元にその日本人を助けるために動いているのではないかと思います。これってものすごく昔気質の日本人というか武士的な感じもします。

同じ事が対ルルーシュにも言えるんじゃないかというのは管理人の希望です。


しかしこの事件をきっかけに、スザクが虐殺を止めたという事実と、彼がなぜブリタニア軍人になったのかということが日本人に伝わりました。このことが日本人の意識を変えるきっかけになればいいのですが!

ロイド「スザク君が助けたこの100万人。誰も感謝はしてくれないよね。
セシル「分かっているはずです。それくらい。」

ロイドさんの「くれない」発言はすっかりスザク目線の語りですよね。




ルルーシュとスザク

ルルーシュもナナリーもスザクも(ユフィも)「平和で優しい世界を」願う気持ちは変わらないことが今回でもよく分かりました。そして今回はルルーシュがスザクもナナリーも理解しているからこそ取り得た作戦でした。

画像
「これは僕が発砲命令を出さないと信じてこその作戦だ。ゼロは僕のことをよく知っている。」

画像
「最悪の敵だからこそ俺にはよく分かる。そしてこれはナナリーのことを理解しているからこそできた判断でもある。だから、今は感謝しよう、枢木スザク」


スザクはこのことからゼロがルルーシュである結論に達するかもしれません。何より互いに立場は違えど、目指すところは同じ。今回は全く別の立場でありしたが、結果的に「ゼロを逃がして百万の民を助ける」という目的を達成できました。

残った日本人に対してはどうするの?と思った管理人でしたが、スザクの保護を取り付けています。そしてルルーシュの

「そして忘れるな。あの約束を」
画像



の言葉の意味は?これ、今回の約束だとすると「あの」とは言わないでしょう。とすると何か?
ここで写ったユフィの霊廟でのルルーシュとスザク&ナナリーのキャンドルが寄り添う画は何かの象徴なのでしょうか?に意味が込められていると解釈すると…

明確に約束していたかどうかはちょっと分かりません。
候補としては(優先順位の高い順に)

「平和で優しい世界を作る」 (ユフィ&ナナリーの願い) 
「ブリタニアを中から変える」
「ナナリーを守る」 

ぐらいでしょうか?
まだ「この約束」の意味するところが今回の「約束」と違うかどうかも定かではないので、推測はこのくらいにして、ちょっと保留にしておきます。


※追記 見返しているとスザクやナナリーのユフィの霊廟でのシーンの直後にルルーシュが映ったので、もしやスザクの誓いをルルーシュが聞いていたのではないかと!
スザク「ユフィ、僕は君の遺志を継ぐよ。平和で優しい世界を君に」

これはスザクのユフィに対する約束

うーん、この線で押したいですね。)

これで3人の目標が一致した!

→スザクの「平和で優しい世界を君に」という決意を聞いていたからこそ、発砲命令を出さないとより確信したとも解釈できますよね。スザクの決意をルルーシュは知っているけど、スザクはルルーシュの思いをまだ知らない…。




さてさて、ここまで書いてまた力尽きてきました。ちょっと取りこぼしがあるので、一旦ここで切ります。
もしよろしければ、またいらしでくださいm(__)m。
(※追記) ★感想2★アップしました~)


画像←海豹(あざらし)の隠れ家は人気ブログランキングに参加しています。記事をよんで、今回のストーリーがよりよく理解できたぞ!と思っていただけたら、ポチっとお願いします。










"コードギアスR2 第8話(Turn8) 「百万のキセキ」感想1 " へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント