マクロスF(フロンティア) 第6話 「バイバイ・シェリル」感想 もうやられぱなし(ノД`;

毎回毎回しつこい位に言っていますが、マクロスは本当に音楽がイイ!!回が進むにつれて、彼らの思いが積み重なってくるので、同じ歌を聞いてもぐっとくる重みもどんどんアップしています。あぁ~、こう思わない人っているのだろうか…。良い映画を見た後って、しばらく放心状態に陥るじゃないですか。今回はそれを味わってしまいました…。30分の早かったこと!オンタイムでこのアニメを見られて、皆さんと分かち合えるなんてなんて幸せなこと!と思ってしまったよ。

第2話で初めて聞いた「ダイアモンド・クレバス」はランカの口ずさんだ歌にシェリルがかぶってくるシーンでした。そのあとEDになだれ込むという合わせ技で、メロディーラインの美しさとシチュエーションに泣きそうになったのに…今回聞いた「ダイアモンド・クレバス」はシェリルのアルトととの切ない別れを感じながら聴いてしまったので、うっかり涙が…。また、この歌詞がいいんだわ。

そして、バイバイシェリルというタイトル。去っていくのはてっきりシェリルと思っていましたが、この場で去っていったのは、シェリルの故郷を助けるために戦場に向かったアルトでした。
シェリルがどれほどの思いをアルトに持っているか…とは5話までは分かりにくかったのですが、6話で二人の距離が縮まったことは間違いないです。そして心を許した相手が突然帰れるとも分からない戦いに赴くとなったら…しかも自分のの故郷のために…。

おぉ~物語が動き始めたぞ!!



妹さんを私に下さい!

って風体はあやしいスカウト。言っていることは結構まともな気がする。「歌は文化、歌は愛なのです~」


画像
お前は娘を嫁にやるオヤジか

苦虫かみつぶしww 


画像
妹を…よろしく…お願い…いたしますぅ

おぉ~オズマのOKサインが出た~!!



これ、どういう心境の変化だろう…て思ってたら、後半で語られていましたね。

「もうすぐ戦いが始まるから?」
「来年成人(17歳!)。いつまでも過保護ではいけない」




ミハエル、スナイパーの看板守りたいよね

画像>
アルトはシェリルのイヤリングをどこで見つけたんでしょうか??→コメで情報いただきました。第2話ギリアムの遺品の中にあったとか!詳しい経緯はコメント参照!


スナイパーミハエルとしてはもてもてアルトが異常に悔しいようで…。しかも相手はあのシェリルと来た日には…。



画像「いやぁ~お見それしましたよ、アルト先生」
「スナイパーの目はごまかせないぜぇ~」
「照れんなよ。お前にしちゃあ良くやったと褒めたいくらいだ~」
「だが一つだけ聞いておきたいことがある。お前、ランカちゃんとはどういう関係だ!」



画像
「キスまでされたのに~?」


「っ!」

照れるアルトが可愛いです。

とりあえず、何で知ってたかつっこんでおけば、ランカに見られたことも分かったかも…ってミハエルの性格なら無いな…。

「キスだってぇ~スキャンダルぅ~」ってガヤがこそこそ…。確かに大スキャンダルだ!!








ランカ歌手への第一歩

ランカが芸能プロダクションにスカウトされたということで、新たなる第一歩を踏み出します。



画像KYアルトに対し、ミハエルとルカがブーイングとばかりにむすっとして同時に指をとんとんしているのおかしい→空気読めの合図?乾杯の時といい、このテーブルエフェクト面白いですね。意味があるのかどうか不明ですが…




「親とか兄貴なんざ端から無視すればいいんだ。どうせ言ってもわかりゃしない。」

アルトの立場と考えをしっかり示した一言でした。第3話辺りの感想でうだうだ書いていましたが、

「家族や自らをとりまくしがらみからの脱却を決意し、積極的に自らの道は自らで決めることを選んだ」ということを裏付けている一言ですね。



■ミハエル、腕の見せ所

ナナセ、ランカに「妥当シェリルよ!」と言った時にミハエルの

画像
(☆。☆)キラーン!!

炸裂!!

( ̄△ ̄) !!
スナイパーモードどぅえすか?



ミハエル、アルトに先を越されたのがくやしくて、ランカに目をつけているとしか…これから化けるかもしれない美味しい玉なので、スナイパーミハエルとしては、シェリルの事で弱っているランカぐらいちょろいもんで…あんなにお子様扱いしていたのに…。歌でちょっとは見直したってのもあると思うけど、あの余裕の表情はほとんど遊びとしか思えないっ!!


画像
ファン第1号ってことで!

こやつ、おもむろに立ち上がったかと思ったら、さりげに肩なんか抱いてますぜ!ふむふむ、これが奴の女を落とすテクその1か…。



画像

1号、2号、3号ってファン宣言したところで、ズキューン!!!って効果音と共に一斉にアルトに目線を送る、みんながおかしいよ。


分かったよ!!応援してやるさ…。すればいいんだろ…。

いやいや風ですが…応援する気満々のくせにぃ~。



画像
ナナセ、絵ウマ!!

画像
ルカ「あ!ナナセさんの絵になんてことを!」

ミハエル(;^_^A 。ホントだよ。え?ルカの好きな人ってひょっとしてナナセなのかぁ~。




■トライアングラー

毎回紙飛行機が出てくるたびに気になります。アルトは手持ちぶさたな時には紙飛行機を折るんですよね。紙飛行機が出てくるシーンって、必ず前に進もうとしてたり、新たな階段を上ろうとしている時なんですよね。


画像
ホントは一番に知らせようと思ったの…。だけど邪魔しちゃったらとか、うるさくしたら駄目かなぁ…って

ランカ、アルトとシェリルのキスシーンを思い出してますよ。邪魔しちゃったらは、彼女なりの精一杯の探り入れです!!

まぁ、そんなことは気付くはずもないアルト

「なーに今更遠慮してんだよ」

画像
この紙飛行機で小突かれるさりげない仕草と「なーに今更」ってフランクな言葉の方が、攻めモードのミハエルより、100万倍ドキッとします。あっ!ミハエルとアルトじゃ思い入れが違いすぎるか…。




この後の会話がドキドキ…(ちなみに、二人が会話しているときは、野次馬はなりを潜めてます。すっかり二人の世界にww。ミハエルのにやにやが想像できて、こわーい。ミハエルに見られたのは失態だったな、アルト。)

「実は、俺もあの時ゼントラのモールにいたんだ」
「そうなんだ…えと…買い物とか?」
「まぁ…そんなとこだ」
「ひっ、一人で?」
「あぁ」

画像


あーあ、やっちゃった。これはランカショック…かもしれん。あぁ~でも一言言わせてください。多分少数意見だと思いますが…。
私なら、アルトの気持ちの方が分かります。こう言いたい気持ち。アルトとしてはシェリルに対しても、ランカに対しても半分は思いやりですよね。まぁ、もちろん隠したい気持ちもある!私がアルトならばれてないと思ったら絶対隠す。

そしてランカ…私なら、目撃したとしても、探りを入れたとしても、「あぁ」って答えるアルトにも納得します。「シェリルと遊んでた」とか聞いてどうしようっていうんだろ?言ってくれれば後ろめたさがないとでも?あのシェリルが一般人と歩いているだけで普通じゃないはず…そしてシェリルは明らかにアルトに好意を持っているし…。

そして、もし語れる日が来るなら、この時こういったっていうことを材料にちくちくいじめます(^^;)。でも語れる日が来ないなら、負けを認めて黙って胸の中にしまっておきます…多分。


まぁ、私個人の意見は置いておいて、ここで

シェリルのチケット出すアルトのタイミングの良さに泣けてくらぁあああ。


ミハエルの「馬鹿め…」が痛い。


ミハエルがどう出るか気になるぅ~。アルトを救うか、切り札として保持しておくか、引っかき回すか…。






バジュラAttacks!

■大統領ハワード・グラス

大統領「いつか誰かが それが今この私だったとはなぁ…」
レオン「連中に歌でも聞かせてみますか?」
大統領「それが分かる相手だったらまだましだったさ」

最初はよく分からなかったこの会話。がバジュラに襲われて、隠し立てできない状態になったと言うことなのですね。そしてFrontier全土に警戒態勢とSMSも含めて迎撃態勢に入ることとなりました。

「連中に歌でも…」は今後に伏線になると…。ゼントラーディーと違って歌が効くとは思っていないということですね。


画像画像

ランカが恐怖にかられてアルトにしがみついています。




レオンからキャシーへの「正式な辞令」とはSMSの「猫の鈴」になることでした。艦長の言う「ビルラー氏と政府の話し合いはそれで手打ちになったらしい」の意味はちょっと量りかねているので保留。
SMS艦長ジェフリー・ワイルダーはその猫の鈴も管制官としてきっちり利用しますよ。「働いてもらうことになった」

オズマとキャシーが管制越しに夫婦げんかしてるのはちょっと受けた。「また、オヤジさんの命令で貧乏くじか」






シェリルの会見

シェリルはギャラクシー代表として、そして政府がバジュラと戦うことの是を唱えるのプロパガンダとして表に立つことを求められていました。政府としての真意は量りかねますが、レオンが「せいぜい利用してやる」と言ったのに対し、表に立つシェリルは、一時のショックをものともせず立派に役割を果たしているどころか、シェリルの一連の発言は、政府が用意した言葉というより、シェリルの思いそのもののようです。


「つまり、こうおっしゃりたいのですか?ベッドに潜って息を潜め、バジュラが見逃してくれるのを待つべきではないか。ギャラクシーなんか見殺しにして」

画像

ライブはやるわ!そして私はギャラクシーに帰る!


その後の楽屋裏でのモノローグ「やれる、やってみせる」の一言も含め、やる意思を発すること、そしてやってみせることが彼女がシェリルたる所以。そして、広告塔の役割を引き受け、さらにそれ以上の役割→シェリル・ノームを印象づけることも果たしています。ここで、ああ、彼女の覚悟と自覚の程はトップスターにふさわしいものだ…としみじみ実感しました。はてさて、ランカが歌でスターになったとして、ここまでの肝の据わり様を発揮できるのでしょうか??


画像
シェリルの一言で、アルトが何かを決意したかの様に顔を引き締めています。
アルトの戦いは、バジュラのフロンティアへの攻撃を押さえると当時にギャラクシーを助けることにつながります。つまりシェリルとランカ両方の故郷を守ることになったんですよね。
おぉ~自覚の有無はともかく、アルトにも少しずつ守るものが出来てきたぞ~。
そして、意を決して、シェリルの元へ走るアルト。


出撃準備のシーンの音楽も好きですねぇ~。ちょっとパイレーツ・オブ・カリビアンを彷彿とさせましたが…。





シェリルとアルト


出撃待機の合間を縫ってシェリルに会いに来たアルト。
画像
それを認めた時のシェリルの表情がこれです。


この時まで二人の思いって「ちょっと気になる」ぐらいなんだろう~と思っていたのですが、ここで一気にお互いを思い合う二人に格上げされた気がしました。危機的状況の中、互いが互いに出来ることをやるその責任と覚悟を感じ合ってしまった。

シェリルにとっては、自分の故郷を助けるために出撃してくれるアルト。
アルトにとっては、自分の出来る方法でバジュラと戦う意思を見せたシェリル。


シェリルの覚悟の程を見せつけられたアルトは、任務の合間をぬって必死にシェリルの元に駆けつける。
そしてアルトが来てくれたことを嬉しく思うシェリル。

ここで別れたら、いつ会えるか…再び会える保証すらない…。
なんて切ない。これで二人が惹かれ合わないはずがない。
(→その思いが歌に感じるんですよね…)


■シェリルの過去

ここでシェリルの過去が語られます
  • イヤリングは母の形見であること
  • シェリルは母の顔すら知らない(シェリルのこの覚悟の根幹はどこにあるのか知りたいっすな!)
  • ギャラクシーが嫌いだった…でも(今はかけがえのない場所になったのかも?)




■パイロット アルト

「ねえアルト、あなたこの船が好き?」
「嫌いだ…ていうか、俺には都市宇宙船そのものが嫌だな」

「ここには空が無い」


「らしい答えね」
「俺はパイロットだからな」

1話で「空が低い」と言っていたとおり、「空に憧れているアルト」「自分を取り巻くしがらみから解き放たれて、空高く飛翔したい」のアルトがまた出てきました。それにしてもひよっこのくせにパイロット発言のアルトはちょっと偉そう<(`^´)>。

「出るの?」
「言ったろ。俺は…パイロットなんだ…」

ここの俺はパイロットなんだはさっきの偉そうな発言とはちょっと違って聞こえました。戦いに赴く「自覚と覚悟」なるものを彼の言葉に感じました。そして、シェリルの「出るの?」発言は、すっかり出撃する恋人を見送る女性の立場を感じさせます。そして「幸運のお守り」である母の形見、イヤリングを託すシェリル。これはアルトの無事を祈ると同時に、必ず帰ってきてというメッセージ。

「お前にそんなしおらしい顔されると反応に困る」
「何よ、偉そうに」

「借りとくぜ、お前の幸運」
「貸すだけだからね。必ず返しにくるのよいいわね、アルト!」
「あぁ」

必ず返しに来る…アルト自身が…シェリルの元に…再び…。この辺りはもう無粋なレビューはいらんでしょう。アルトのお前呼びは多少気になりますがww。ホント偉そう。シェリルが嫌いだったギャラクシーをアルトは命を賭して助けに行ってくれるのですよね。大事な人が大事に思ってくれるなら、それだけで大事な気がします。自分が大事に思っていないものを人が命を懸けて守ってくれるなんて失礼ですよね。





音楽、映像、音楽、音楽、音楽そして歌詞!!!

ここからの映像と音楽のシーンはもう…語り尽くせません。

画像画像


お守りを掲げるアルト→イヤリングをしたシェリルが重なるシーン

SMS出撃→シェリルコンサートスタンバイシーンの音楽も無条件でイイ!

そして流れる「ダイアモンド・クレバス」

画像




画像
もう二度と触れられないなら
せめて最後に もう一度抱きしめて欲しかったよ


ってアルトの画が重なって

It's long long good-bye...



希望のない 奇跡を待って どうなるの?

とか、

張り続けてた 虚勢が熔けてく

とか、まんまシェリルの気持ちっぽい。


オズマの「必ず生きてフロンティアに帰ってくるぞ!」

の台詞の後にシェリルの

It's long long good-bye...

が重なり、イヤリングがアップになる所なんか…

・゚・(ノД`;)・゚・


冒頭でも書きましたが、「ダイアモンド・クレバス」ランカの歌にかぶせてきたときにも良いと思ったけど、今回はシェリルの思いを感じながら聴いてしまったために、胸に迫るものがありました。この場面とこの旋律、この歌詞!この歌、第6話で名曲になりましたね。シェリルの歌のシーンとSMSの出撃シーンが重なるところは文句なく見事です。このままEDになだれ込み、フルコーラス入っているという演出も最高でした。

あぁ~いい歌だ…・゚・(ノД`;)・゚・




その他

  • ミハエルって良く聴いてないとすぐ神谷さんってこと忘れちゃう。普段の神谷さんの声や役とちょっと違って声の深さを出していないというか、喉にひっかけてないというか…かるーい感じが現れています。そういう意味でナナセもクレジット見ておぇえええ!って思いました。あれあれ、桑島さんなら分かる自信あったのになぁ~。マクロスFではEDクレジットでも驚かされっぱなし…。脇役に豪華布陣…大川さんぐらいしか気付かん…orz...。

  • 脇固める布陣まで豪華ですね…かなり気付かなかった方々
    画像


    小林沙苗さん
    田中理恵さん
    平野綾さん
    福原香織さん

  • 本役では気付かないのですが…ガヤで発見!田中理恵さん(シェリルかわいそ~)の後に「だから私たちが応援するのよ」。

  • CMあけのアイキャッチの映像と音楽はなんすか!藤娘…

  • 特例B項を読み上げるミハエルは絶望先生かと思った…。

  • ランカのパジャマかわいいんですけど!意味なく萌え映像つくるのが最近のトレンド?

  • アルトのリボンは組紐っぽい。家を否定していても、自分の根底に流れる伝統は断ち切っていない証拠か?

  • ルカの出撃前「いくよ、ヨハニ??」って聞こえるんですが…保留中

  • オズマ「万が一の時は頼むぞメディック殿」 (→カナリアさんですね。この方も CV:桑島さん。相変わらず二役ですか!気付かないorz...)

  • ダイアモンド・クレバス 歌いたい歌いたい歌いたい



画像←海豹(あざらし)の隠れ家は人気ブログランキングに参加しています。ダイアモンド・クレバス 無条件でイイよ!と思っていただけたらポチッとお願いします。








マクロスF(フロンティア) 1 (Blu-ray Disc)
マクロスF(フロンティア) 1 [Blu-ray]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

一見さんです
2008年05月10日 13:58
>アルトはシェリルのイヤリングをどこで見つけたんでしょうか??

第2話 アルトが初めてSMSに連れて来られた時に、戦死したギリアムの遺品(UP)のなかにさりげなくイヤリングが並んでいましたよ。
2008年05月10日 14:40
おぉ~情報提供ありがとうございます!
全然気付かんかったよ…。ギリアムの遺品の中にあったとは!見返してきます&記事直しておきますね!
とおりすがり
2008年05月10日 17:07
第2話 シェリルが着替えながらキャシーに電話しているシーンで見ている動画(たぶんグレイスの視覚データ)の中で、シェリルの顔からアルトに向かって流れる青い光(イヤリング)

アルトがSMSに連れて来られた時に戦死したギリアムの遺品(UP)の中に並んでいるイヤリング

アルトの服に引っかかっていたイヤリングが、ギリアム機に乗った際にコックピット内にでも落ちたのでしょうね。

第5話 アルト[担当が非番らしい」 シェリル「なによ、まかせろっていうから。貸しなさい。その遺失物だか遺品だかの担当には・・・」 の会話から アルトはギリアムの遺品の中にあった事を覚えていたようですね。
 
2008年05月10日 17:39
おぉ~ありがとうございます!
2話の映像はオンタイムで気付くにはかなーり微妙ですね。コマ送りしないと…。ここに気付くとはなんとマニアックな(^^;)…。すごい!

5話の「遺失物」「遺品」発言はなんでだろ?って感じだったのでようやくつながりました!
ここ、みんな気付くのかなぁ~??

2008年05月11日 11:24
こんにちわ、この度は私のブログにコメント下さって、ありがとうございました^^b。

今週の終盤の流れからの演出は、神懸り的な物がありましたね。思わず、ゾクっと来てしまうくらいいい物でした!!。
歌と映像を合わせる演出にかけては、マクロスはズバ抜けていいものを作ってるなぁ~って、見入ってしまいました。

そして何度もその部分だけを巻き戻して見てる、私・・・ww。

2008年05月11日 11:26
うおおおおお・・・。 orz
自分の名前を間違える私・・・。
まさにorz。

soraです、失礼しました^^;。
2008年05月11日 12:22
soraさん、コメントありがとうございます!
>歌と映像を合わせる演出
毎回ヤラレタ!って感じですっかりはまっています。歌と映像のコラボについてはホント他アニメに真似できないところですよね。
個人的に序盤から盛り上がりすぎていて怖いので、ちょっと冷静に、冷静に、って言い聞かせているところです。

レビュー書いている間はずっとEDまでをヘビロテしてました。ゴールデンウィーク中もおぼろげな記憶で口ずさんだりしてたんですが、6話を観て気軽に「口ずさむ」って言うより、心を込めて「歌いたい」曲ナンバーワンですよ!

>自分の名前を間違える

あはははは!名前間違ったり、TB間違ったりはしょっちゅうですorz..。皆さんにご迷惑ばっかり。。。
2008年05月11日 13:53
>半分は思いやり
 アルト姫にとっては、2人とも恋愛
 対象ではなく、対等の友人という感
 じという事ですかな。

>歌が効くとは思っていない
 以前から、バジュラ対策を練ってき
 たように思えるんですよね。
 バジュラについて、まだ隠された事
 実があるように思えて、仕方ないで
 すね。
 レオンが怪しすぎますからね。

>ここからの映像と音楽のシーン
 もう鳥肌物のクオリティですよね。
 シェリルの歌声が流れる中、マクロ
 ス・クォーターが発進していき、お
 守りのイヤリングを見てるアルト。
 オズマの「必ず生きてフロンティア
 に帰ってくるぞ!」の台詞は凄く心
 に響きましたね。
 死ぬ為に戦うんじゃない。大切な場
 所、大切な人を守り、そしてそこに
 その人の元に帰る為に戦う。
 そんな想いが込められている気がし
 ました。
2008年05月12日 00:27
CIC担当さん、こんにちは~。

>アルト姫にとっては、2人とも恋愛対象では
この時点ではちょっと不明ですね。主観ですが、後半ではかなりシェリルに心動かされた印象があります…わざわざイヤリングを届けにいくところとか。

>レオンが怪しすぎ
1-2話あたりでもなんだか意味不明のこと言ってましたからねぇ~。オズマが知ったら後に引けないって言ってたのもなんだか気になるし…。

>もう鳥肌物のクオリティですよね。
ここの素晴らしさはもう文句なしです。CIC担当さんのコメントで語られたとおり、序盤でここまで盛り上がれる演出を作り出せるスタッフが怖いです!

「死ぬ為に戦うんじゃない。大切な場
 所、大切な人を守り、そしてそこに
 その人の元に帰る為に戦う。」
オズマの名言ですね!
2008年05月12日 14:24
あの素晴らしい音楽を聴いてると、
アニメも総合芸術作品なんだなあとつくづく感じますね。

多分アルトは女性に対して、現在興味が無いんですよね。
それどこじゃないというか。
女性に対して免疫が無いので、シェリルのアタックに赤面はしても、
それは異性に対しての何かじゃなく、戸惑いと覚醒なんだと思います。
だから、ランカにうそをついたのも「大した話じゃないし、
したってしょーがねぇ」
程度にしか考えてないんじゃないでしょうかねぇ。

私はランカ派なんですけど、現在、シェリルがリードを進めるほど、
後半ランカの大巻き返しが期待されて楽しみです。
マクロスは、恋愛に疎い女の子が、最後勝利を勝ちとるもんですよ♪
2008年05月12日 19:20
空想野郎さんこんにちは~。

>アニメも総合芸術
全くその通りですね。キャラの心情を語るには小説や一歩譲って漫画の方が有利でしょうが、マクロスに関してはその映像といい、音楽といい、そしてキャストの方々の演技といい、アニメでなくては表現できないものを余すところ無く活用していると思わざるを得ませんね。

>アルトは女性に対して、現在興味が無い
あははは。興味が無いはいいすぎかもしれませんが、自分自身にいっぱいいっぱいな感はありますね。お年頃ですから、シェリルに異性という意味で心惹かれないはずはないのですが、あれだけエロ噴出なのに、嫌らしい感じがしないのは、アルトがまだ初心いから…で。
個人的には6話ではシェリル個人にはかなり興味が出てきた感はあると思っていますが…。

>ランカにうそ
ランカの気持ちを知って言ったわけではないでしょうね。まぁわざわざ言うほどの事でもないと思ったのかもしれませんが…意識してなければさらっと言っちゃえる気もするので、やっぱ隠そうと思った気も。相手はトップスターですしね。

2008年05月12日 19:23
>ランカの大巻き返し
ランカがシェリルに現状歌手としても、魅力的な女性という意味でも大きく差をつけつけられているのは間違いないので、そこは認識してシェリルの上をいける様にがんばってほしいものです。
つまらない嫉妬は横に置いておいてね!

この記事へのトラックバック