図書館戦争第7話、第8話を見て徒然に思ったこと

手塚兄ちゃんの光Loveのために、そこまでやるかー!! と執念を感じた回。図書隊がが政治にも巻き込まれ、柴崎、郁までもが陰謀に巻き込まれ、骨太な作品になってきたと思ったら、手塚兄ちゃんのただの独断で、今回も引っかき回されたあげくにあっさり手を引かれ…たった2回で終了??

結局図書館戦争はラブコメとして見るのが正解ってことでFA?

いやぁ、それでも好きは好きです、この作品。

周りに見守られているのを知らず、つっぱしる郁とか

熱い男、堂上のかっこよさとか

「正論派」小牧の飄々としたところとか

恋愛感情も諜報活動のために使ってしまえそうな柴崎のクールさとか

し・か・し

今回出てきました~
沢城さんご推薦の例のシーン。

郁がどこかに連れ去られたシーン…ってことだったので、ここかも…と思ってドキドキしながら見ました。

堂上走ってきた~


「帰るぞ!」

言った~!!

笠原に向かって「帰るぞ!」って言うときに息を吸った瞬間が溜まらなく格好いいんだそうです。うー、分かりました!分かりました。今度はヘッドフォンでリピートしてみます。(詳しくは☆こちらの記事参照☆


し・か・し最近堂上教官の声を聞くたびに、ラジオでのへたれた今時の男の子、前野さんを思い出す様になり、ラジオ聞いたのは失敗だったかもー。前野さんの心配は当たってましたよ!(半分冗談Yo!)

しかーし、前回と今回と柴崎大活躍の回だったのですが、彼女は自分の魅力を十分に知り尽くしていて、「女の武器」という最終兵器まで平気で使ってしまえる発言にはちょっと彼女に「漢」を感じてしまったのですが…。彼女なら冷戦まっただ中の東ドイツでも生きて行けそうな根性を感じた。しかし彼女にそうまで言わせる諜報活動って、彼女にとってなんなのだろう~??しかもあのタイミングで、あの手塚光にそんなことを言ってしまう柴崎って…。

ちょっと、この二人気になってきたぞ~。

そして、法務省の手駒、朝比奈。任務とはいえ、あの堅そうな柴崎に興味を持たせる手練手管。なかなか一介の官僚には持ち合わせていない技の様ですが…。お前はどこのホストだ!
あれも慧から授けられた知恵だったら笑えるんだけど…。
食事に誘うには上手い手ですよね。駆け引きに、ちょっとした感動を織り交ぜて、強引に行くやりかた…これは柴崎じゃなくてもぐっとくるかも…事前に富士山が見えるかどうか確認済みだったとしても…。

そして今回堂上が現れたから、馬鹿馬鹿しくなって手を引いたのかどうか分かりませんが、手塚兄があんだけ人を巻き込んでおきながら、あっさり手を引いたのはちょっと??な感じでした。

郁のあこがれの図書隊員って堂上だろうなぁ~と思ってたら、まさにそうだったわけで…それがまさか、あ~んな形でバラされることになるとは思ってもいませんでした。

周りのみんなは知っていたのに、郁だけ知らなかったのね。みんなにやにやしながら「憧れの王子様」の話を聞いてたのか~今まで。それは笑える。

かなーり余談ですがね。こういう組織って汚点がつくのを何より嫌がる組織だと思うんですよ。そうすると郁のようなトラブルメーカーって、かばって育てるというより、自分も監督不行届の責任を取らされることを非常に苦痛に思う人の方が多いのが現状だと思うのです。功績より減点の方が査定に響くので保守的になりがちだし。それをへとも思わずに庇えるのって、相当力があるか、器がでかいか(もしくは無頓着)じゃないと無理な気がするんです。まぁ、堂上の場合は自分もそうやって育ててもらったというのも大きいでしょうが。

そういうなんだろう、上には正論を通しつつ、下を守って育てるっていう当たり前のことが簡単にできてしまう人って尊敬出来るなぁ~と今回はしみじみと思った次第で…。あとは重責を担っていながら、その重さをちっとも感じさせない人とかね。なかなか出来るものではないです、実際は。な~んて図書館戦争を見ながら思った今回でした。

画像←海豹(あざらし)の隠れ家は人気Blog rankingに参加しています。記事を気に入っていただけたら、ポチっとお願いします(*^_^*)












図書館戦争 【初回限定生産版】 第一巻
図書館戦争 第一巻 [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • (アニメ感想) 図書館戦争 第8話 「策動セシハ手塚慧」

    Excerpt: 図書館戦争 【初回限定生産版】 第一巻 図書隊の厳しい査問と、隊内の白い目に耐え続ける郁。手塚は、慧が主宰する『未来企画』の企みに気付き、悩む。慧から郁を呼び出す電話が鳴ったとき、すべての事情を.. Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 racked: 2008-06-01 15:22
  • 図書館戦争第8話「策動セシハ手塚慧」

    Excerpt:  資料集めという名目で、麻子に近づいて来た朝比奈。食事に誘い出し、武蔵野第一図書館に おいて、本が不正に処分されている情報を流した。「もし事前にもみ消す事が出来たら、どうしますか?」麻子にマスコミが.. Weblog: アニメのストーリーと感想 racked: 2008-06-01 22:30
  • 図書館戦争 第08話 「策動セシハ手塚慧」

    Excerpt: 図書館戦争   お勧め度:お勧め   [ノイタミナ]   フジテレビ : 04/10 24:45~   関西テレビ   東海テレビ   原作 : 有川浩   監督 : 浜名孝行   シ.. Weblog: アニメって本当に面白いですね。 racked: 2008-06-02 00:04
  • 図書館戦争 第8話

    Excerpt: 第8話『策動セシハ手塚慧』 いよいよ郁の査問が始まりました。 それにしても、ズルイ聞き方してきますねぇ~。 こんなことして、なかったことをあったことにしようだなんて。 こいつらの方が悪もんじゃないで.. Weblog: ニコパクブログ1号館 racked: 2008-06-02 04:14
  • 図書館戦争 状況〇八『策動セシハ手塚慧』

    Excerpt: アバンが玄田隊長だったから活躍があると思ったが殆ど出番なし。残念・・・w。 いき Weblog: アニメ-スキ日記 racked: 2008-06-02 05:55
  • 図書館戦争 状況〇八 (第8話)「策動セシハ手塚慧」

    Excerpt: 「図書館戦争」公式サイト まあ、すべては手塚慧の弟、光欲しさの策略というか、嫌がらせということで今回の一連の件については終焉というこでいいのでしょうかね。 図書館が「行政派」と「原則派」に分かれて.. Weblog: パプリカさん家のアニメ亭 racked: 2008-06-02 06:24
  • 図書館戦争「策動セシハ手塚慧」感想

    Excerpt: あたしの街、明日の街高橋瞳発売日:2008-06-04価格 【10秒で分かる、今日の『としょかんせんそう』】 絡め手キツイー じわじわくるわー 真剣勝負レストラン編 お助け仮面は撫でられ.. Weblog: ここには全てがあり、おそらく何もない racked: 2008-06-02 10:58
  • 図書館戦争 8話「策動セシハ手塚慧」

    Excerpt: 郁の査問が始まった。 マニュアル通りに順調に受け答えをしていたのは始めの方だけで、答えれば答える程墓穴を掘りまくっていてノックアウト寸前の郁だったな。 そこへ査問の時間が過ぎましたとドアを開けて入.. Weblog: White wing racked: 2008-06-02 20:19
  • アニメ『図書館戦争』の感想/状況〇八『策動セシハ手塚慧』

    Excerpt: 図書館戦争 【初回限定生産版】 第三巻角川エンタテインメント井上麻里奈・前野智昭・石田彰・鈴木達央沢城みゆき・鈴森勘司・佐藤晴男・田中理恵浜名孝行(監督)第三巻には、テレビ未放映の『恋ノ障害』が収録さ.. Weblog: 空夢ノート racked: 2008-06-02 21:28
  • 図書館戦争~第8話・策動セシハ手塚慧

    Excerpt: 図書館戦争ですが、笠原は査問にかけられます。図書館内では原則派と行政派に別れていますが、笠原は一応対策マニュアルに沿って答えます。ただ、元来正直なので矛盾する部分が出て来て、その辺を問い詰められます。.. Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2008-06-02 23:41
  • 図書館戦争 第8話「策動セシハ手塚慧」

    Excerpt: 山猿が一匹!!(あはは)今回のナレは玄田。らしいたとえに、思わず郁が「うっき~!!」とか言ってくれるかと期待したんだけどなぁ・・・(^^;) 図書隊の厳しい査問と、隊内の白い目に耐え続ける郁.. Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ racked: 2008-06-03 13:49
  • 「図書館戦争」第八話 ~憧れし王子の所存は上官にあり~

    Excerpt: 2019年(正化31年)。公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる『メディア良化法』の成立から30年が経ち、メディア良化委員会と図書隊が抗争を繰り広げる日本。 念願の“図書隊員”として採用された笠.. Weblog: 混沌と勇気日記。 ~新たなる勇ましき無秩序の世界~ racked: 2008-06-06 00:23