Lost Colors プレイ日記 その10 (ギアス編) ※ネタバレ注意

Lost Colors一旦CG100%コンプしたので、しばらく放置してました。EDとか台詞とか覚えていないところも多いので、もうちょっとじっくりやってみようかなぁ~と再開。

今までのレビューは印象が強いところだけ書き殴りで、EDどうとかあまり書いてなかったですよね。なので、どういうEDだったか思い出しつつレビューも再開することに。いろんなED見ようと既読スキップ使い始めると、途中の流れが分かりづらくなっちゃうんですよね。なので、今回からはAuto スピード3にして進めることにしました。

ネタバレありきなので、もう反転とかしません。危険を感じたらここで回れ右してください。


ギアス編の感想記事については「 Lost Colors プレイ日記 その2 (ギアス編 1周目)」にも書いています。まず★こちらをどうぞ~★ 




■ギアス編 ルートについて

C.C.と仲良くなるとギアス編というのは前にも書きました。最初はまずこのルートを攻略する必要があるみたいです。ところで、色々なルートに入れるようになってから、ルート確定キャラ(C.C.、カレン、スザク、ミレイさん)と誰とも仲良くならないようにしたらどうなるんだろ~と思っていましたが、何度も「今日は疲れた…」と選択肢が無い状況が多くなり、最後はC.C.と強制的に仲良くなって、ギアス編に入ってしまうようです。しかも無駄に日数がかかりました。通常の2倍ぐらい。

でもギアス編、最後何人かにお別れの挨拶をしに行きますよね。その時、EDキャラじゃなくても好感度によって言ってくれる台詞が変わるので、興味があったら色々試してください。

EDキャラのナナリーなら3種類ぐらいあったかも。EDキャラの時、ちょっとは話してた時、全然話さなかった時など…。

シャーリー、リヴァルなども2種類はあったと思います。全然しゃべってないときは「今忙しい…」とすげなくされてしまいますというのは以前も書きました。ある程度仲が良いと、「もうすぐ学園祭だから楽しもう」みたいな会話になります。

ミレイさんはどうだっただろう~。ニーナはno interestなのでよく分かりません。「記憶が戻ったから学園を去るというのは理論的じゃない…」って言われた気がします。

あと、C.C.は攻略できないのですかね(TωT)ブヒー。女性の中で一番落としたいのはC.C.なのに…。PSP版はブルームーン編がないので、無理なのかもしれません。

とりあえずいろんなEDを見ようとさくさく進めていたので、どんなEDがあったか全く覚えていなかったギアス編。最初はルルーシュEDだったんだよね。あまりに自然な流れなので印象なかったというか…。


ちょっとルートに戻りますが、ギアス編は

とりあえずC.C.と仲良くなる→黒の騎士団に誘われる→ナリタ演習(何故かナイトメア操縦が出来るライ君)→埠頭の戦いで片瀬少将さようなら→マオ、ナナリー拉致事件→藤堂救出&スザク顔バレ→式根島で4人行方不明→一人神根島に救出に行く→記憶を取り戻す→再び眠りにつく決意をする

という流れに。

C.C.が少しずつライ君のギアスの謎を明かしてくれます。また、ライ君はルルーシュ、ナナリーを始めC.C.との接触によって記憶を取り戻していくんですよね。ライ君の記憶についてはとりあえずギアス編で概要がわかります。その後ブリタニア軍人編とか黒の騎士団編でも断片的に別の事実(血筋のこととか)が明かされていく構図になっていったと思います。


ゼロからはナイトメアの操縦もさることながら、分析力、判断力を評価され、非常に重要視されるのですよね。ナナリーとある程度仲良くなっていると、ルルーシュから「ナナリーの騎士に…」という話も出てきます。

それとマオですが、ナナリー拉致事件の時、1周目は速攻礼拝堂にしか行けなかったのに、2周目からは礼拝堂と地下施設を選ぶ選択肢が出ました。この理由はよく分からないのですが、もしかしたらナナリーの好感度にかかわるのかも…。





ギアス編 おもしろ会話

必ずしもギアス編のみの会話とは限りませんが、このルートで聞けた会話で面白かったものを抜粋。とくに「公式が病気」wwと思われるところ中心ww。

■これなんてギャルゲー?


珍しく学園でルルーシュとカレンのアイコンが…
言ってみるとなにやら怪しげな会話

ルル「なあ、いいだろ、一回だけ」
カレン「だめよ。体のことなんだから…」

なんて言っているのをライ君は聞いてしまいます。ご想像通り、エロ会話じゃないんですけど、ちょっと無理ありすぎ(;^_^A アセアセ…。


**********************************

入浴中に突然現れるC.C.。何の用だと問いただすライ君に

C.C.「お前に恋いこがれて来たとでも思ったか?」

そこで選択肢
  • そうだと答える
  • そんなはずはない


「そんなはずはない」→そのつもりなら服を着てくるわけがないだろう…と余裕のライ君。C.C.も「確かにこれは邪魔だな」と応戦。ライ君、その余裕は…さては頭でっかちの○貞坊やではないらしい…。
ちなみにそうだと答えたら、C.C.に「そのつもりなら、服を着てくるわけがないだろう」と一蹴されます。C.C.さん、直接的すぎます。

しかし、この間、ライ君はずーっと裸のはずなんですけど…。真面目にお話ししてます。Ψ(-◇-)Ψ。



■これなんてBL?

生徒会室のドア越しに聞こえるあやしい会話

スザク「だめだよ…ルルーシュ」
ルル「いいじゃないか…いつものことなんだから」

そして背後には何故か二人の会話を録音しようとしているニーナ。ニーナはレズビアンだっただけじゃなくて、腐女子でもあったのか…。


■苦しいよルルーシュ

ルルーシュの部屋に行こうとしたら、緑の髪の女性が部屋に入っていくところを目撃。こっそり中を伺おうとすると背後から声を掛けられる

(◎-◎;) ビクッ

ルル「ライ、何をしているんだ。 俺の部屋に、なにか用事でも?」

(略)
ライ君、満を持してC.C.の事を聞いてみます。ところが、すっとぼけるルルーシュ。
ルル「何を言っているのかよく分からないな?」
「生徒でもない女子が、この学園の、それもクラブハウスの、さらには俺の部屋に入っていっただと?」


ルルーシュ、立ち絵も怖いが、声色もめっちゃ怖いです。たたみかけるようにどんどんドスを利かせていっているんですよね。さすが脅しもばっちりです。並の神経の持ち主なら、ここで思考能力は骨抜きにされます。

最終的に、ライ君は疲れているせいにさせられ、なんなら部屋を見て見ろとかいって、部屋を開けてくれます。

あれあれ( ・_・;) C.C.どこ行った?

ベッドの下か?


**************************************


ライ君が屋上で寝ているときに、ルルーシュとナナリーが現れて、自分たちの素性について話したりしてます。。
ライ君にすっかりばれちゃうんですが…学園でそんな話するなんて無防備すぎるぜ、ルルーシュ。






ギアス編ルルーシュED


ライはどうやらV.V.と契約したギアス能力者。過去にギアスの暴走で取り返しの付かないことになってしまったことがあるため、V.V.により眠りについていましたが、バトレーによって遺跡から掘り出され、現在の記憶を植え付けられて改造されて…という顛末は依然記事にした通りです。

神根島ですべてを思い出したライ君、再度同じ過ちをくりかえさないため、ここは身を退くべきだと、黒の騎士団、学園を去る決意をします。



最後に学園生にお別れを言った後、C.C.が現れて、神根島に行けって言われるんですよね。そしたらV.V.が神根島の例の神殿で待っているんですよ。

サークルの中で「君の思いを強く祈ればいい」といわれ、ライは「再び眠りにつきたい」と願います。そのときに「体から溢れた光が、遺跡の中へと吸い込まれていく」「自分の力が遺跡に吸われていく」不思議な感覚と言っているんですよね。

そしてさらに「……みんなが僕を忘れますように」と願います。

その願いが光になって溶け出し、学園のみんなの記憶を奪うところはアニメーションになっているのです。ここのアニメーションは好きですね。特にルルーシュとC.C.の切なそうな表情が美しいのです。


最後はライ君の記憶を失ったルルーシュ達の生徒会室の描写。

相変わらずミレイさんにこき使われるルルーシュは、人手が足らなくて困るという愚痴をついそこにいない「誰か」に語りかけようとします。

しかし、その忙しい中、何故か「妖精さん」が現れて、書類を処理してくれてるということがミレイさんから語られます。

ルル「まったく、会長は人使いが」

……まただ、
また、声を掛けた。

おかしな気分だ。

何故か、傍に誰かいるような気がして、つい話しかけてしまう。
何故か、俺と同じような人間が、傍にいたような気がしてならなかった。

(略)

ルル「もう一人の自分、か。馬鹿馬鹿しい」

(略)

ルル「いい仕事をするじゃないか、妖精君。でも、ここまでミスがない書類なら、俺が処理したのかもしれないな」

(略)
真面目で、堅実な処理だ。こういう人間は嫌いじゃない。野に放して奥には惜しい人材かもしれないな。

…ふと。
ふいに。
なぜだか。

その妖精がもしも現れたら、仲良く出来そうな気がして、俺は部屋を見回した。

(略)

これが一番最初に見たEDで、とりたててもりあがった感じでもないので、よく覚えていませんでした。まぁ、最初にしては無難と言えば無難。

ED以外で、ルルーシュと仲良くなる過程では、ルルーシュとナナリーの素性バレがありました。その後ルルーシュに会いに行くと、「ユフィーがどうたら」だとか、「マリアンヌ」はどうたらだとか昔話ばかりしてくれます。さすが「ファミコン」。





■ナナリーED

ナナリーEDに行くまではイベント満載でしたね。折り紙指南とか、「あ~ん」とか、手作りおにぎりとか。見ててほえましいです。



なぜか見たこともない折り紙を折れてしまうナナリー。ライ君が教えてくれた「サクラ」の折り紙です。
折り紙に触れた瞬間、胸の奥が熱くなって、涙するナナリー。彼女の悲しげなモノローグでEDが語られていました。

このところのCGはナナリーの中で一番素敵です。





色々変だよ

■C.C.とルルーシュ

ライ君が最初C.C.を見かけたのは、ルルーシュの部屋。その苦し紛れの言い訳の顛末は上に書いたとおり。その後、ルルーシュと公園デートをしているC.C.を見かけたり、ルルーシュの部屋でピザを食べるC.C.を見かけたりしてます。

まずそこで「ルルーシュが最初に苦し紛れの言い訳」したの変だと思おうよ、一応。

なんだか色っぽい関係だとか、何故わざわざ隠す?とかすったもんだあっても良かったなぁ~。(→ピザ配達事件ではちょっとありましたか。ルルーシュにも人に言えない秘密があるんだろうとかなんとか)

そしてその後C.C.がギアスの話やら結構核心に触れてくる話をしてくれてます。その後マオがC.C.と言えば、ギアスとか「ルルーシュが泥棒猫」とか言ってますし、一度ルルーシュの素性がばれて、ルルーシュにギアスを掛けられそうになったりしています。

そこで、聡いはずのライ君「ルルーシュがギアス能力者」であることをチラとも疑わないのはちょっと不自然。


そして黒の騎士団に入ってからも、C.C.がいつもゼロの傍にいることや、黒の騎士団に誘ったのはC.C.であること、からやっぱゼロ=ルルーシュと疑わないのはかなーり変なのだ~。



画像←海豹(あざらし)の隠れ家は人気ブログランキングに参加しています。記事を気に入っていただけたら、ポチっと鼻をたたいて下さると、大変喜びます(*^_^*)。ではまた、お会いできる日を~。












コードギアス 反逆のルルーシュ LOST COLORS 特典 CD「リフレインディスクII」付き ※絵柄は3種類ありますが、選ぶことはできません。

コードギアス 反逆のルルーシュ LOST COLORS

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック