精霊の守り人 6話から8話の簡易感想

第8話の刀鍛治の話は、実にうまいと思った。この作品のプロットが丁寧でよく練られていると感心した。刀鍛治とバルサ、そして刺客のモン、ジン。刀鍛治から語られる話から、通常は、刀鍛治の哲学みたいなものが語られるのは予想していたけれど、それ以上に色々なものが見えてきたし、また色々な伏線が張られた気がした。落ち着いたら是非原作を読んで見たい。


精霊の守り人 土曜日 8:05~ NHK BS

第8話 「刀鍛治」

最初は単にバルサと刀鍛治のやり取りで終わる一話かと思っていた。バルサとチャグムのことは当然うわさになっている訳で、皇室に楯突くバルサの片棒を担ぐわけには行かないという鍛冶屋の気持ちもよく理解できる。
しかし、バルサとチャグムの刺客であるモン・ジンが客としてやってきたことでまた話は別の方向に流れた。

刀鍛治の口を通して語られるバルサの過去…バルサの過去を視聴者に知らしめると同時に、モン、ジンに自分たちが何をしたのか、そしてバルサの気持ちを知ってしまう機会を与えてしまった。これはこれからも刺客として登場するであろう彼らに、また痛い負荷を背負わせてしまうこととなった。
モン、ジンによって語られたバルサとの闘い…これにより、バルサが深い事情があってチャグムを守っていること(殺されるところを助けたことが語られていた)、そしてバルサ自身は決して刺客を殺めていないことが刀鍛治に伝わった。そして他人の子を必死で守ろうとする動機は、バルサの生い立ちにもかかわっていることが刀鍛治には理解できているだろうし、視聴者にもそれは伝わった。これがきっかけで、一度は渋ったバルサの槍の製作にとりかかる決心をすることとなった。

バルサの生い立ちや、バルサがなぜチャグムを引き受けることとなったのか、そして不殺をつらぬく動機など、説明口調ではなく、自然に視聴者に伝わってきたことがまず上手いとおもったのと、ここでバルサ-チャグム-そしてモン、ジンをつなぐラインが出来てしまったことに感心した。これからお互いを知ってしまったことによる影響は避けられないはずだし、まず通常なら単なる端役としてしか現れないであろう刀鍛治や、刺客(刺客については以前にも何回か語られているけど)にもしっかり目線が振られていて、人物設定が実に細かい。特にジンはチャグムに一方ならぬ感謝の念を抱いていることが2話で語られていたし…。そして深い人物設定がなされていることで、私たち視聴者は必ずしも一方的な見方を強いられているわけではないことが分かった。

こういう点からもやはり精霊の守り人は実に面白いと思う。




以降は一言レビューで載せようと思って書き溜めていたもの。PCクラッシュでお蔵入りしかけていたものをちょこっと引っ張り出してきました。


第6話「青霧に死す」

髪を切ったチャグムは精悍になった。
皇子のチャグムはものすごく頼りなさそうだったのに、髪を切ると同時になにか腹に決まったような感じだ。エンディングのチャグムになりましたな。来週は「チャグムの決意」だけにさらになにか大人に一歩近づいたかんじだ。

山狩り隊に本当のことを愚痴っているタンダに笑った。それは計算なの?山狩り隊も変なのに関わった…と早々に退散。
バルサ、不利な中での怒涛の鬼ごっこ…このあたりのスピード感はやっぱ精霊の守り人いいすねぇ…怪我も開いてピーンチでどうなることかと思ったら、意外にも狼が襲ってきて谷底へ…トロガイバーバの差し金でしたか。
トロガイ、獣も操れる。万能ですな。トロガイに操られる狼がかわいすぎましたv。そしてチャグムの髪を切ったのも、狼に持たせたのもトロガイの戦略?凄すぎ。

チャグムの葬送の列の壮大さ(CGで全員同じ動きってのは気になったが…)とか音楽は映画そのものですなぁ~。

タンダほんと愚痴ばかり「これじゃまるで武人の女房だ」だって。でも無事な二人を見てほっとしたよね。



第7話「チャグムの決意」

シュガ、世情も知らぬぐらいにこもりっきりで碑文解読にかかってたのに、いきなりお役ごめん。チャグムが死んだと聞かされて放心状態に。でもさすが星読み。干ばつの相が消えていないことに気づいている…オイ、ヒビトナンは気づかんのか?何してんだよ。

チャグム、皇子として育った割には、なかなか自立心と責任感を持っております。バルサに世話になるのが、特別なことだとか気づいてしまえる君は偉いよ。誰かが守ってくれるのが当然と思っていないところが…。そしてなんとか自立しなければと思うチャグム。髪を切ってから一層精悍に見えます。今は時期尚早ですが、なんとしてでも生きていける知恵を授けてあげることは大事だと思います。

そして…卵割がすすんでて怖いです。


画像←海豹(あざらし)の隠れ家は人気ブログランキングに参加しています。記事を気に入っていただけたら、ポチっと鼻をたたいて下さると、大変喜びます(*^_^*)。ではまた、お会いできる日を~。



精霊の守り人 第1巻 (初回限定版)



精霊の守り人 第1巻 (初回限定版) [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2018年05月06日 05:21
Thanks for sharing your thoughts about Aj. Regards

この記事へのトラックバック

  • レビュー・評価:精霊の守り人/第8話「刀鍛冶」

    Excerpt: 品質評価 26 / 萌え評価 12 / 燃え評価 7 / ギャグ評価 7 / シリアス評価 35 / お色気評価 1 / 総合評価 15<br>レビュー数 71 件 <br> <br> 第8話「刀鍛冶」のレビューです。 Weblog: ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン racked: 2007-09-04 18:19