コードギアス 23話 せめて悲しみとともに (stage23) 感想

ユフィが…!スザクとルルーシュの対立が決定的になりました。もう二人の関係が安直に交わることはなくなったでしょう。これが本当にナナリーの望んだ世界だったのですか?ルルーシュ!



今回のポイント

対立


スザクとルルーシュ。もともとの二人の願いは同じところにあったはずなのに…もう二人は相容れることはなくなってしまいました…。

スザクとルルーシュは最後に友としての会話をかわします。今後に待ち受けるのは互いの殺し合いのみ。会話が切ないです。ゼロは以前スザクが生きることを望んで「生きろ!」ギアスをかけました。今度はその手で「殺しにかかる」ということですね。「生きろ」ギアスを持つスザクと戦う!なんという皮肉でしょう。

スザクがルルーシュの正体に気づいているかという点では、最初悩みましたが、気づいている!という方に軍配をあげたいと思います。


  1. わざわざユフィの電話を使っている。

  2. 謎のV.V.と接触「教えてあげようか?」

  3. ゼロに対する復讐心をわざわざルルーシュに告白。

  4. 「憎めばいい」というルルーシュの言葉に手を握り締めるスザク。
  5. 「引き返すつもりはない」というルルーシュの言葉に疑問をもたない。


3はルルーシュに対する宣戦布告と捕らえられます。4の「憎めばいい」というルルーシュに手を握り締めるということは、ルルーシュからこの言葉が出るという意味を理解しているからと思われます。これはルルーシュからスザクへの宣戦布告です。そして5では「ナナリーのため?」とルルーシュのこれまでの行動を理解していないとできない発言をしています。素のルルーシュだとどうしてこういう発言をするか疑問に思うはずです。

スザクがルルーシュのことを知ってしまったのなら、そこにあるはずの衝撃やら、葛藤やらを見せてくれていないのが、静か過ぎて不気味です。こうも冷静に会話できるものでしょうか?そして「空を見ないで欲しい」「ありがとう、ルルーシュ」の意味するところとは…。


スザク


ユフィに手をかけるゼロを目撃してしまったスザク。

画像



ユフィがなぜ虐殺を行ってしまったかも、ルルーシュ=ゼロであることも知ってしまったかも知れません。もうルールに従うスザクではありません。

君は、殺したいと思うほど憎い人がいるかい?



今、僕は憎しみに支配されている。人を殺すために戦おうとしている。


画像



ユフィが自分の意思を踏みにじられ、自分の思いと異なる行動を強制させられた挙句、目の前で射殺されたことに激しい憤りを禁じえないスザク。ユフィの復讐を果たすために、修羅となることを決意しました。ここにきて初めて復讐を果たすルルーシュ=ゼロの気持ちを理解できたのかもしれません。

今後のスザクですが、ユーフェミアが日本人の大虐殺を行ったことで、騎士としてのスザクにはもう日本人に受け入れられることはなくなりました。そして、ユーフェミアがいなくなったことで、ユーフェミアの騎士としてのブリタニアでの地位もなくなります。復讐の殺人鬼の役目を果たしたら、もうどこにもスザクの居場所はありません。

スザクとルルーシュの戦いの結末がどうなるか…考えたくありません。


ルルーシュ


おれの手はとっくに汚れているんだよ。それでも向かってくるなら構わない。歓迎してやるさ。俺たちは友達だからな

画像


あの日から俺はずっと望んでいたのかもしれない。あらゆる破壊と喪失を…。創造の前には破壊が必要だ。そのために心が邪魔になるなら、捨て去ってしまえばいい。

おれはもう進むしかない…。だから。



ルルーシュはユーフェミアを手にかけた今、スザクをも倒す決意をし、さらなる修羅の道を歩もうとしている。そしてギアスの発動が制御できない今、ルルーシュはゼロとして常に仮面をまとって生きるしかない。でも、もしスザクを倒し、コーネリアもシュナイゼルも、ブリタニア皇帝も倒し、合衆国日本を手に入れたとしても、ルルーシュには何が残るのでしょう




ゆがんだ真相の暴露

恐怖です!



大衆の世論誘導が怖いです。ユフィは日本人の憎悪を一心に受ける対象となってしまいました。この負のエネルギーの演出が怖いです。
そして、ユフィの日本人虐殺事件により、図らずも一番得をしたのはゼロ=黒の騎士団です。
結局ゼロは当初の予定通り、日本人のメシアとなりえたのです。ディートハルトはネットの力を使って、さらにゼロの正当性を訴えるべく、民衆を誘導することとなるでしょう。

このままでいくはずがありません。いつかゼロの正体が暴かれる日が来るでしょう。

スザクがユフィの意思に反して日本人の虐殺を行わされたということにを知らされた可能性があります。(その内容が真実にしろ、嘘であるにしろ、ゼロによってなされたという事実のみが重要です)。

そしてシャーリー。前回も書きましたが、シャーリーはルルーシュ=ゼロと知っております。そして何よりルルーシュとユフィがつながっていることを学園祭で目撃してしまいました。とすると、この後におこった惨事がルルーシュの仕業であると一部の真実、一部の誤解をもって分かってしまうはず。

いずれにせよ、もしこの一連の悲劇がゼロによってもたらされたものだと明かされる日が来たら…

怖いです。ユーフェミアに向かっていた憎悪が、一気に反転してゼロに押し寄せることとなります。しかも一度祭り上げられただけに、落とし方も半端じゃないはずです。社会的に抹殺されるどころか、血祭りにあげられるのが落ちです。


ナナリー!!


先ほど、ルルーシュには何が残るでしょう?と書きましたが、それなナナリーにも同じこと。ルルーシュの正体がばれるとすると。ナナリーにももちろん安住の地はありません。

仮にルルーシュが合衆国日本を作り上げたとしても、ユーフェミアやスザク、そして兄弟の血に汚された世界は、ナナリーの望む世界とはかけ離れた世界ではないでしょうか?ナナリーのために作り上げた世界が、ナナリーの望むものではない。。しかももしナナリーがその事実を知ってしまったら、悲しむことはもちろん、ナナリー自身がその贖罪を背負うこととなりそうです。

その場合、結果的にナナリーはルルーシュから離れてしまう気がします。ルルーシュが言う「喪失」の中にはユフィとスザクのみではなく、ナナリーも含まれてしまうことになる…。

今のルルーシュを止められるのはもうナナリーしかいない。でも、止められたとしても、どういう世界がいいのか私にはもうわかりません。でも、今後、ナナリーが何らかの形で重要な役割を果たすような気がしてなりません。ゼロがユフィを撃った直後に電話をかけてきたのも何か意味があってのこと。ナナリーはどこまで知っているのでしょう?




切ない!

ゼロとユフィ


「無駄だよ。もう」 
表情を変えずに、仮面をかぶるゼロ。

画像


そしてわざわざナイトメアから降りてくるゼロ。最期は自らの手で殺めることが、せめてもの贖罪だったのか。この隙になにかが起きないかとはらはらしました。情にほだされたときには必ず痛いしっぺ返しが来てましたから。。

そこへ、スザクが…ユフィを見つけて駆けつけます。

画像
ユフィ (この安心したような声が切ないです…)


ルルーシュがとうとうユフィを…
画像
どうしてルルーシュ?


画像
 「さよなら、ユフィ、多分初恋だった…」


ゼロ、一発で急所を撃てなかったのですか。。。


スザクとユフィ



画像
ユフィを助けてください!!


画像
席をはずすセシルさんとロイドさん


画像
ユフィ「日本人の皆さんは喜んでくれた…?」


それに対し、ユフィの蛮行を糾弾するゼロの演説と日本人の罵声が重なります。
ユフィ「私はうまくできた?」

画像
スザク「行政特区は大成功だ…」 スザクの精一杯の笑顔 ・゚・(ノД`;)・゚・


画像
スザク「一緒にアッシュフォード学園に行こう」


画像
ユフィ「スザク、あなたに会えて」


。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・(ノД`)



C,Cとルルーシュ



真相を知るものはC.C.のみ。ギアスのOn Offができなくなった今、ルルーシュとして生きられるのはC.C.の前のみとなった。C.C.の前で弱さを見せ、受け入れるC.C.。

画像
「契約したろ。お前のそばにいる。私だけは」
  

でもC.C.はあくまでも共犯者。なぐさめを求めてはいけないと思うんですよ。自分がなしたことのすべては自分で背負わなければ。でもこのシーン、好きですねぇ。どんなに強い人でも、自分の前でだけは弱さをさらけ出してくれる…。
「お前のそばにいる…」、C,C,だけはどこまでも一緒に落ちてくれるのでしょうか?マオのようにはならないの?


コーネリア


画像
ユフィを失って茫然自失のコーネリアが痛いです。

一瞬軍放棄かと思ったのですが…、すぐ立て直すところが男前です。




ギアスの謎

ユフィ


ギアスにかかった時と同様、ギアスに逆らっています。

一度目はガヴェインから降りてきたゼロと対峙したとき。
画像
「一緒に行政特区日本を…あら?日本」


二度目はスザクと最期の言葉を交わしているとき

画像
「そんなことよりスザクは日本人でしたよね…」
ここでギアスが効いている!! もうどきどきです。ユフィ、まさか…!!


画像
「ちがう、だめ…そんなこと、考えちゃ…いけない…」


画像
あ…ギアスが解けている!!


冒頭でギアスの効いているユフィは「日本人は…一人たりとも残してはなりません」と言っていたことから、本来のギアスは日本人を抹殺するまで効いていたはず。でも、ここで、ギアスが解けている。

なぜ?ルルーシュが言ったとおり、とても許せないことなら、強い精神力でギアスは克服できるのか?それともルルーシュではなく、何者かが間接的にかけたギアスだから、効果が薄いのか?ルルーシュのギアスが弱まったから?


V.V.


アヴァロンに同乗していたV.V.。シュナイゼルに関係があるということでしょうか?「どうしてあんなことを?」とユフィの行動を訝しがるスザクに対し、「教えてあげようか」と現れるV.V.。果たして彼の意図は?まさかスザクにギアスを渡した?


C.C.


C.C.が話していたのはマリアンヌ?それともマリアンヌのことについて語っていたのか?「喜んでいるさ」の意味とは?


神楽耶


スザクの親戚でしたか!この状況の中で、ずいぶんとお茶目な物言いですね。でも、どうしても今までの流れから、うがった見方をしてしまいます。神楽耶の演出でしょうか?彼女の真意は?スザクと関係があるなら、ギアスや、ギアスの神殿と何か関係がありそうです。

画像画像


ゼロの「お戯れを…」は時代劇じみていてw。でも尊大なゼロが神楽耶には敬意を払っている感じが見られてGood。

そして京都六家、レジスタンスの支柱となっていた彼らですが、ゼロの指揮下に入らなければ生き残る道がないと言っていた理由がいまいち理解できませんでした。。


ヴィレッタ


扇のために本当に日本人になろうとしていた。「チグサ」って…。しかし暴徒と化した日本人に急襲され…。




その他のPoints

  • ゼロの演説は芝居がかりすぎていて滑稽としか思えませんww。

    画像



  • ニーナ!女性キャラとは思えない形相です。ホラーだ。

  • ニーナ。一心不乱に復讐を誓っております。日本人嫌いだしね。ブリタニアの切り札になりそう。

  • オレンジ…知能が…

  • 画像
    「おはようございました」

  • 次回放送は夏ですか…。じらしプレイ得意ですね。




画像 
↑ここまでお読みいただき、ありがとうございます。「海豹の隠れ家」は人気ブログランキングに登録しております。記事を気に入っていただけましたらポチっと押していただけると、大変うれしいです(*^_^*)。またお会いできる日を(^^)/~~~。



金曜 2:10~ 旅先にて視聴




コードギアス 反逆のルルーシュ Sound Episode 1
コードギアス 反逆のルルーシュ Sound Episode 1

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ゼロモモ
2007年03月31日 09:48
以前、猫ちゃんも「ゼロの仮面」を被った事があったので、(「ゼロの仮面」を被ったエゾモモンガ)で「ゼロモモ」なのだ。(笑)
ちょこっとでもいいから、猫ちゃんが出て来て欲しかったのだ。
先週から「人殺し」のシーンが多くて、殺伐としていたのだ。
あの猫ちゃんだけが、あのアニメの中では一番何も悪い事をしていないのだ。(笑)
2007年03月31日 10:30
こんにちは~。ようこそいらっしゃいました!
>あの猫ちゃんだけが、あのアニメの中では一番何も悪い事をしていないのだ。(笑)

いえいえ、私のスザクに噛み付いていましたよ!それも何度も!

せっかくいらしていただいたのに、記事読みにくくなかったですか?これは↓の理由です。ごめんなさい。
2007年03月31日 10:37
最初にも書きましたとおり、管理人はただいま旅行中です。Resが遅くなりますが、ご了承くださいませ。

昨日、急いで記事をUPしてやれやれと思って眠りにつきました。朝起きてびっくり!ギアスのテンプレに設定したはずなのに、なぜか「こいぬ軍団」なるテンプレにすりかえられている!これってぎあちゅ?
黒の背景を前提に文字色を選択しているので、31日朝10時までにいらっしゃった方、読みづらかったと思います。お詫びいたします。m(_ _ )m
2007年03月31日 11:57
TBありがとうございます。
スザクのために最後の望みをかけて今後の様相で書いてみました。どうでしょうか?難点がありますかねぇ?
ろこ
2007年03月31日 23:41
皆様こんばんは(^^)
前回の内容がショックで暫く眠れなかったので今回は録画したのを今見ました。
・・・でも私の地方では時間変更があったみたいで途中で切れてしまいました(T^T)
幸いなことに後番組を予約していたので最悪な事態にはならなくすみましたが・・・
ユフィ予想はしてたけど残念です。
最後のひとときギアスの呪いをはねのけてスザクと会話できて良かったと思います。
この展開で、悲惨な事になりそうなナナリー・・・ユフィには悪いけどルルの願望が実現しちゃって
1.ルル失踪
2.ナナリー身元割れ
3.ナナリーの騎士にスザクが・・・
となるかも・・・って私の願望でしょうか(^^;

PS.オレンジ始動(^^)ストーリーにどう絡んでくるか楽しみですね。

2007年04月01日 04:06
ようこそいらっしゃいませ~。未熟者の私としては、ねねむさんの考察に意見をする立場でもございませんが、皆様の深い考察につられて、つい妄想が爆発してしまいました。厚かましくも、ねねむさんの記事にコメントさせていただいたので、笑って許してくださいませ。
2007年04月01日 04:14
こんにちは~。録画は結構前回もみなさん失敗があったみたいですね。時間変更は困ったものです。長めに録画しておくのが得策なのかもしれませんが…。

ろこさんの願望、ねねむさんの考察に似ていて面白いです。ごらんになりましたか?ナナリーの身元われっていうと、ナナリーがあまり無事ではすまなさそうですし、なかなかブリタニアにも日本にもスザクの居場所はなさそうですが…。どう転ぶか分からないところが、ギアスの面白さですからね!

オレンジは現在分が悪いブリタニア軍の切り札(これは言いすぎ)、えーっと、合衆国日本のかく乱ぐらいには使えるかと。あの知能の悪さは…どうだろう。^^
2007年04月01日 14:35
感想のことを書いてるのかな?
2007年04月01日 22:04
あ、もうブログ名変えて下さっていた…。わざわざご報告にくるまでもなかったですかね。

しかしユフィが哀しすぎますね。どこら辺を撃たれたのか判りませんが、マオが蜂の巣のように撃たれても生きてたんだからなんとかしろよブリタニアの医学!

ナナリーは実は結構しってそうな気がするんですがね。もちろんゼロ=ルルだってことも。さすがに実の兄のことですから気づくとは思うんですがね。

ヴィレッタは暴徒と化したイレブンにレイープされ記憶が戻ると見た!できるならその仲間に俺も加わりたい…。

…ん?もしやこういうことか!俺がいつもフザケタ事書いていたというのは!
>わざわざご報告にくるまでも…
いえいえ、大歓迎ですよ。ようこそいらっしゃいませ~。さっきギアス記事でハピゆきさんちにお邪魔したら、知らない名前が出てたので、なんじゃこりゃと思っちゃいました。名前の由来はなんでしょう?AAAって?

>マオが蜂の巣のように撃たれても生きてた

確かにそうだ!急所をはずして撃ってるのにおかしいじゃないか!ユフィ、途中まで散々言ってたけどヒロインとして最期を迎えましたね。スザクとのやり取りはせつないっす。

ナナリーの出方は今後注目していきたい1つです。今まで物語の筋にはからんでこなかっただけに…。

>…ん?もしやこういうことか!

ふはははは!いまさら気づいたか!

22話で免疫ついたのか、最終話はみなさんギャグセンスが戻りつつありますね。オレンジも出てきたし、神楽耶もGJでした。神楽耶もこれからゼロをもっとかき回して欲しいです。
ろこ
2007年04月01日 23:57
harpsealさん早速のレスありがとうございます(^^)
ねねむ唐象さんの所行ってきて、妄想の詳細を書いてきました(^^;
もしお時間がありましたら読んでやってくださいませm(..)m

私の予想では、舞台は日本から離れること思っています。
ブルタニア本国の地名なんてしっくり来そうもないですし、たぶん日本との間には太平洋があるはずですから・・・

オレンジ・・・ある意味、水槽につかって賢くなったかもしれないと思っているのは私だけでしょうか(笑)
野望やしがらみがない分以外と使えるかもしれません(^^)
でも、スザクの部下になるって言う落ちは・・・ちょっといやだなぁ~(^^;

ろこ
2007年04月02日 00:03
ごめんなさい、入力ミスです。
そのままだと意味不明になるので訂正させてください。

誤>私の予想では、舞台は日本から離れること思っています。
正>私の予想では、舞台は日本から離れることはないと思っています。
    ^^^

以上、大変失礼しましたm(__)m
lucam(みなもと瑠華)
2007年04月02日 01:35
harpsealさま、こんばんわ。先程は私のブログにコメントありがとうございましたm(__)m

早速こちらの記事をじっくり読ませていただきました。とても解りやすく、漏れなく各ポイントについて考察なさっていて、私自身も諸々の点について整理できました。自分はどうしてもノリと妄想、あるいは希望的観測?で文章を書いてしまう癖があるので(笑)時々「?」という辻褄の合わない部分が...それでも心を鬼にして?(^^;;冷静に観察&考察するように心がけておりますが。

そうなんですよね、スザクにはルルの「生きろ」ギアスが...その上で正々堂々と修羅を極めようと悪に染まり、スザクを迎え撃とうと。そう考えるとルルはなんてオトコマエなんだろうと(笑)でも確かにナナリーの立場はないですよね...本当にルルーシュは、ある意味最初からナナリーの意思そっちのけで一人突っ走っているという気も。確かにナナリーは今後の話の重要な核となりそうです。今回ルルーシュにTELしてきたのも、何か遠くへ行ってしまう兄を必死に引きとめようとして...という感じがひしひしと伝わってきますし。
2007年04月02日 01:46
長くなりそうですので、失礼して二分割させていただきます...

今後、本格的に公的なゼロバレ(=ブリタニア皇子であるルルーシュ)があるとしたら、カレンや扇たち騎士団内部の反応は勿論のこと、もしユフィを操っていたのがルルーシュだと断定されなくとも?...しかし、この辺は本当にどう転んでいくのか解りませんね。どちらにしても、まずゼロの行動の善し悪しありきで、例えその正体がかつて死亡したと思われていたルルーシュ皇子であると全面的に皆にバレても、その行いがブリタニアに虐げられてきた日本にとって真実であるならば、あるいは。

それにしてもルルは本当に、やることなすこと父皇帝に似てきたと思います(笑)C.C.とマリアンヌとの繋がりも気になりますね。一説には、ルルママンもギアス能力者?という噂もありますが...

ということで、本当に長々とすみませんでしたm(__)m
2007年04月02日 17:55
オレンジはゼロへの敵愾心だけは増幅して持ってたりして。知能は水槽でもっと培養?すればどんどん上昇ささせられるのかもしれませんが…。
どういう風に使われるかは皆目検討がつきません。^^;。
スッ、スザクの部下ですか?それじゃあスザクまでギャグ要員に成り下がっちゃいますよー。
2007年04月02日 18:30
ようこそいらっしゃいました!じっくり読んでくださってありがとうございます。自分のまとめ方はまだまだだと思います。物語の大枠をきちんと整理して捉えられるようになりたいのですが、どうしても筋に沿って細かいツッコミを入れたいという相反する欲求も避けられなくて…。つい散漫で長いだけのレビューになりがちでいつもへこんでいます。lucumさんの考察ポイントが絞られていて、はノリと妄想とは思えないほど文章の流れがしっかりしていて、うらやましいです。

>何か遠くへ行ってしまう兄を必死に引きとめようと

そうかもしれませんね。ここでナナリーは本当は何が言いたかったのかまだ良く分からないんですけど。

ゼロのルルばれは、黒の騎士団内では結構拒否反応でそうな気がするんですけどね。でもおっしゃるように、ユフィを操っていたということがばれるとしたら、拒否反応も出ると同時にブリタニアの支配を退けるべきという思想の人からは擁護論もでるでしょうね。
2007年04月02日 18:32
>ルルは本当に、やることなすこと父皇帝に似てきた。

ほぇー。全然思いつかなかったです。思想は違いますが、独善的なところという意味ですかね。顔も似てきたらやだなー。

マリアンヌはギアスにかかわることは間違いなさそうですね。ナイトメア乗ってたりするし、ただの王妃というわけではなさそうです。C.C.が第1話でルルのことを「見つけた」って言ってたのもなんかマリアンヌがらみなんですかねぇ。
2007年04月03日 00:35
harpsealさん、こんばんは。

スザクが危ない方向へ全力疾走しちゃいましたね。ルルと電話している時の眼が怖いです。
今後、V.V.と皇帝の繋がりがあるのか、無いのかが見たいです。
なんか皇帝が世界を動かしている様な気がしてなりません。逆に彼が世界に翻弄されるのが待ち遠しいです。
lucam
2007年04月03日 01:19
harpsealさん、こんばんわ...レスありがとうございます。

>筋に沿って細かいツッコミを
確かにギアスはそういった細かい伏線がたくさんありますから、やはり一つ一つのポイントを順当に消化していきたいという気持ちは、私もよく解ります(笑)というか、まだ解明されていない謎の部分も多いですしね。

>ルル=父皇帝
これはちょっと前から感じていたことだったのですが、つまりルルーシュの修羅の道というのは=ブリタニア皇帝の弱肉強食理論と似たようなことではないのかと。ルル自身は強く否定しそうですが(笑)でも情を捨てた容赦ない部分は変わらないですしね。破壊→創造という手段を取り、世界の覇権を握るという意味でも。

なんだかんだ言っても、結局親子でやっていることは同じかな、と。(色んな意味で「血は争えない」というか)どうやらギアス(強大な力)という共通点などもありそうですしね。そこに今後、どうシュナイゼルが絡んでくるのかも楽しみです。ブリタニア皇帝は、ルルーシュとシュナイゼルのどちらが次期皇帝の器に相応しいのか、見定めている節もありそうですし...
2007年04月03日 23:44
こんにちは!コメントありがとうございます。
>ルルと電話している時の眼が怖いです
そうですよね。あのスザクに「憎しみのために人を殺したい」とまで言わしめたのですから!ズザクの静かな怒りがめっちゃ怖いです。逆にマジスザクだ!とちょっとどきどきしてしまったのは内緒です。

>皇帝が世界を動かしている

これ、「あやつやりおったか…」と前回言ってたときにちょっと考えたんですよねぇ。結局みんな踊らされている?とか。その皇帝が翻弄される日!なるほど、道は遠そうですが、どうやってそこまでたどり着くか見守るのは楽しみですね。
>情を捨てた容赦ない部分
ぎゃー。そうすると、ルルは激しく皇帝否定したところから進みながら、どんどん皇帝に近づいているということですよね。ムニ枕さんのところでも、同じような考察があったので、なるほど…と思っています。
あのかわいげのない皇帝も、ルルと同じような時期があったと。(考えたくないですが、常識的にはそうですよねぇ…)

>どうシュナイゼルが絡んでくるのか
強いとか黒いとか非情とか言われておりながら、23話までは目立った動きはみせておりませんね。当初は情のルル、非情のシュナイゼルという対峙になるかと思ったのですが、ルルが非情に徹することになったので、これはなくなったのですかねぇ。確かに今後の立ち回りは注意ですね。
ギアスと「王の力」というのも皇帝、シュナイゼルと重要な関わりがあるようですし。ともかく夏まではすべてお預けということで(^^ゞ。

この記事へのトラックバック