コードギアス 22話 血染めのユフィ (stage22) 感想

こんな展開を誰が予想していたでしょうか。「血染めのユフィ」。今回はOn timeで見ていましたが、終了後しばらく呆然としてしまいました。今でも思考能力が戻ってきません。見返すのがつらいです。今回は監督の意図にいいようにもてあそばれました。一度は期待を裏切って手を取り合ったと見せかけておきながらですよ、再度期待を裏切られました。持ち上げておいて、最後に落とす。もう手放しで楽しむという段階ではなくなってきました。 「王の力はお前を孤独にする。」 



今回の叫び

今回は「一押し」ではありません。。。

ルルーシュのギアス暴走により、日本人虐殺を命令してしまうユフィ。
それに対してルルーシュの苦渋の決断です。
「もうこうなったら、ユーフェミアを最大限利用するしかない…それがせめてものっ!!

画像
C.C.も悲痛の表情です。


対照的にディートハルトとラクシャータはしてやったりの表情です。
画像画像



これの事件で黒の騎士団の存在価値が大幅にアップしました。「行政特区日本は、われわれをおびき出す罠だったのだ」というゼロのセリフが彼らの意図を代弁しています。これはゼロにとっては苦渋の決断でしかないのにっ!皮肉です。


そして今回はルルーシュの涙に尽きます
スザク「絶対にユフィを」
ルル「見つけ出して…殺せ!!」

画像



ルルの涙が流れ落ちた瞬間に叫んでましたよ。真夜中ですけど…。もう涙なしには見れません。
。・゚・(*ノД`*)・゚・。


発動し続けるギアスを止めるためには、ユフィを亡き者にするしか手がない。

すべての罪をルルーシュが背負うことに。そんなことは望んでいなかった。ただナナリーと平和に暮らせる場所が欲しかっただけなのに。。そこまではユフィと同じ願いだったのに。。
一番の理解者が減ってしまった。ルルーシュがどんどん孤独に陥っていきます。。



全力で踊らされちゃいましたorz...

一回ごとにユフィに関する視聴者の論点をころころ誘導し、行き着く先が…

登場当初は「副総督」としての無為無策ぶりを披露し、一度視聴者の反感を得ておきながら、ユフィがゼロ=ルルーシュと知ったこと、そしてスザクの心の扉を開いて、騎士として手に入れたことで、ブリタニアを中から変える台風の目となりうる可能性を示唆。一転して無知な善意をひけらかすことで、ルルーシュの目を通して一気に悪女へと転落させる。一話ごとに視聴者の意見が誘導されるのをNetを通して目の当たりにしましたよ。そしてそこにきて、今回ですよ。あのルルーシュに、一度は「君の勝ちだ」とまで言わしめる。前回は憎悪の対象となった「無知の善意」により結局全てを手に入れる「勝ち組」へと浮上…そしてこの展開ですか…。




本編

スザクとユフィ



冒頭の二人のやりとり…特区に人が集まっている現状を見て語り合っています。

ユフィ「あなたのお陰です」「あなたという日本人の代表がいるからこそ、みなさんはここを信じられるのですね」



ユフィ「これからもいろいろと助けてくださいね」
スザク「Yes, Your…」
ユフィ「んもう…」
スザク「はい(^^)」

最初から見せ付けてくれますorz…と思ったけれども、この後の展開を考えるととてつもなく切ない場面になります。


お兄様黒いよ


シュナ「たいしたものだね、ユフィは」
ここで完全に黒の騎士団を瓦解させる発案であったと「断言」しております。後半でも「ユーフェミアに感謝」といってましたからね。コーネリアは反対すると分かっているので、事前には相談しない。ただ、公になったことには全力で軌道に乗せてくれるため「事後承諾」ですよ。お兄様、やはり人心掌握術の本を出してくださいませ。

シュナ「ユフィーの今後を受け入れたのも…」ってここでユフィーの今後ってなんじゃい?と疑問を持たせておりましたが、ブリタニアの名を捨てるということだったのですね。


特区参加の賛否両論


京都では…
桐原は特区については「ブリタニアの譲歩を引き出した功績はある」と言っており、他の人からブリタニアに通じていると反感を持たれているようです。桐原はのちにゼロに吐いたセリフからも、それだけにはとどまらない思慮を持っていそうです。



一方の黒の騎士団では…

特区参加の是非を問うて侃々諤々の議論を展開中です。内容は前回、次回予告でルルーシュが語っていたことと同様です。

カレン「平等なんて口だけで信用できないって」
千葉「平和という名目で武装を解除させられるな。
藤堂「われわれは体制に取り込まれ、独立は失われる」 
ディートハルト「しかし参加しなければ自由と平等の敵となる」

扇…君は…男性視聴者の支持を100%失いましたね。
画像
「あそこならブリタニアとかイレブンとかいう縛りは関係ないし…」

そりゃ枕元で言われたら強くなりますとも。ヴィレッタとの未来を考えると、当然両者が平等でいられる特区を指示する。扇の意見はやはり一目置かれるんですね。

画像
この決意の扇はたとえ扇であっても(ヒド)かっこよく見えます。



ま・さ・か伏線だったなんて


前回、ユーフェミアに向けた憎悪の理由がイレブンを差別する貴族との会話によって解説されています。ユーフェミアの考えはあくまでも上から押し付けた博愛主義に基づくものであると。

貴族「下のものはおとなしく上にしたがっていればいいのだ」
ルル「確かに。それが副総督の博愛。その正体は。そうやって上から見下ろすのはさぞやいい気分だろうな…」 (ユフィーに向ける憎悪そのものです)

そして、貴族の側近にギアス発動!

「君こそ早くうちに帰りたまえ…」

またギアスの無駄遣いをしおってー。とギャグ設定のキャプを考えたのに…。今思えは、ギアスのかかり方に違和感を覚えたんですよね。いつものスピード感も効果音もなく、なんだか静かに脳内に染み渡っていくような嫌ーな感じ。ギアスのリミッターが外れるきっかけになるのが、回数なのか、日数なのか、はたまた別の要因なのかははっきりしませんが。


さらに貴族にもギアス発動…


借り物の力を自らの力と勘違いする。貴様のようなくずは人知れず死んで…」


図らずもこのセリフが貴族への痛烈な批判となるだけでなく、自らに帰ってくるものだったとは…。「借り物の力を自らの力と勘違いして濫用、誇示していたのは、その貴族だけではなく、ルルーシュ、君もだったのですよ!」 (うわっ!背筋が寒い)

ギアスはリヴァルに邪魔され踏みとどまりますが、これも何か違和感がありましたよね。ただ踏みとどまっただけじゃないような。。そして、ただの学生に(ギアスなしで?!)「失せろ!」と言われてすごすご引き下がる貴族にもなんか不信感を拭い去れません。(随分あっさり受け入れるんだな…)??


シャーリー


ルルーシュ=ゼロと知っております。ゼロだからイレブンを助けるという考えも理解できそうです。そして何よりルルーシュとユフィがつながっていることを学園祭で目撃してしまいました。とすると、この後におこる惨事がルルーシュの仕業であると一部の真実、一部の誤解をもって分かってしまうはず。シャーリーがそれを明かすにあたり、最悪の結果を想像してしまうんですが。。
「駄目、深入りしたら危ないかも」


ルルーシュとナナリー


「明日、ゼロが来る来ないにかかわらず、これであの男の敗北は確定した。」ダールトンのセリフにかぶせて写されるルルーシュの背中と厳しい横顔が印象的です。

画像画像



そしてナナリーに会う前に即座に表情を和らげます。

画像画像


画面の雰囲気も声音も瞬時にゼロの横顔から素のルルーシュへと転換させます。この一連の演出が憎いです。あいかわらず潤々の演技も憎いです。

ナナリー「なにか心配事でもあるんですか?」 なぜ気配だけで分かるの?
ルル「ユフィのこと好きか?」
ナナリー「えぇ、お兄様だって好きでしょ?」

画像
ルル「ああ、好きだったよ」



ここでは前回のエンディングで語られる通り、ユフィーへの憎悪を露わにしておき、ユフィ抹殺か?と視聴者を誘導しておきます。それにしてもユフィーに何か起こることで悲しむと思われるナナリーの気持ちは考慮しないのですか、お兄様。


ルルーシュとユフィー



遠方からもったいつけて現れるガウエィン。あいかわらずルルーシュの登場の仕方は派手です。飛んでいるガウェインの上に立ってるんですよ!このかっこつけ。

桐原とルルーシュがどういうつながりがあるのかということはまだ明かされていませんが、ゼロに対する気持ちに男気を感じます。「お前の正体はわしが墓まで持っていくつもりだったものを…」

ルルーシュの策はユフィに自分を撃たせ、ユフィの信頼を失墜さること。逆に自分は奇跡の復活を遂げ、メシアとなる。 (そういう策でしたか!)

ルル「上から一方的に押し付けるのは、クロヴィスと同じだな」 (ここでユフィはルルの考えに気づきます。)

画像
 「やめろ。これ以上俺を哀れむな。施しは受けない。俺は自分の力で手に入れてみせる。そのためにも穢れてもらうぞ。ユーフェミア・リ・ブリタニア!!」 



やはり全てを持ち、自分たちの全てを奪うユフィに我慢がならないことを吐露しております。上から特区と言う餌を与えられて飼い殺されるのではなく、自ら自分の望む世界を切り開くつもりであると。そのために、「存在が罪」であるユフィは格好の見せしめとして利用する。この切羽詰った演技がまたもや光っておりますよ、じゅんじゅん。


ギアス発動…!!と思いきや…。


ユフィ「その名前は返上しました。」

この一言でルルーシュの戦意が喪失します。これは、全てを手にしているものの上から目線で物事を考えている=ブリタニア皇帝と同等と捕らえていたルルーシュの考えを根底から覆すこととなったから。さすがのルルーシュもユフィの考えや行動も読めなかったらしい。


ユフィ「私のわがままを聞いてもらうのだから、それなりの対価は必要でしょ」

画像画像



ルルはやはり情がからむと冷静さを失うようです。ほんとはいい奴なんだなぁ~。

ルル「随分と簡単に捨てられるんだな、君は。俺のためだとでも言うのか?」

ルルーシュも自ら皇位継承件を捨てたと思ったのですが、望んでではなかったのか?ユフィの行動に驚きを禁じえません。しかも俺のためって…。


ユフィ「相変わらず自信家ね(ホントですよ)。ナナリーのためよ」(ナナリーのため…ルルに対しては伝家の宝刀です!) 「あの子言ったの。お兄様と一緒にいられれば、他に何もいらないって。」 

ルル「そんなことで」
ユフィ「そんなことで決心がついちゃったの。私にとって本当に大事なものはなんだろうって。私は本当に本当の本当に大切なものは一つも捨てていないわ。」

要するに名前とか皇位継承権と地位とかはユフィにとっては一番大事なものではなかったということですよ。名を捨てて実をとる派です。


ルル「馬鹿だよ君は。大馬鹿だ。」
ルル「しかし、無茶なやり方でもいい、結局全てを手に入れてしまう
ルル「考えてみれば、君はいつも副総督や皇女殿下である前にただのユフィだったな」


一連のルルーシュの表情に心情の変化が読み取れます。
縮小すると下二つの表情の違いがわかりにくいですが、じつは考えている顔→決心した顔という違いが出ています。

画像画像
画像画像




副総督と言う立場では弱点でしかありえなかった「ただのユフィ」の存在は、今回「ただのユフィ」として考え、ブリタニアの名を捨てることで、最大の武器となりました。これは、ただの「ユフィ」として考えられるユフィにしか採り得なかった策です。もしブリタニアの中で、皇帝の意図どおりに動く「エリート」であるならば、出てこない案ですから。でも皇女じゃなくなったら、特区の統治とスザクの存在はどーするつもりだったんでしょうか?

ルルにとってユフィは「全てを手に入れた上で、上からものを言っている考えなしの存在」から「一気に手を取り合う存在」へと変わる。

画像
「君は俺にとって最悪の敵だった」「行政特区を生かす形で策を練ろう。」


これを見た瞬間の気持ちです…。
ヤッターヽ(^o^)丿 こういう日が来ると信じてましたよ。だって君たちの目的は同じなんだもん。前回、浅はかだとか無知な善意は悪だとか散々こき下ろしたのに、結局はその無知な善意によってゼロ=ルルーシュの懐柔に成功してしまう。なんて展開だろうと思いましたよ。そりゃあ。あの負けず嫌いのルルーシュに「君の勝ちだ」とまで言わせるとは。こういうの戦わずして勝つっていうんですかね。ユフィ、GJとご満悦でしたよ。次の展開が来るまでは…。




ギアス暴走!

一番来て欲しくないものが最悪のタイミングでやってくる。(マーフィーの法則)

借り物の力を自らの力と勘違いしてうかつにも誇示してしまったルルーシュ。

「たとえば日本人を殺せとか…」

画像画像




かけられた相手の倫理を、考えを、思いを踏みにじられる…そんなギアスが最悪の人物に、最悪の形でかかってしまいます。ギアスがかかるせつなに、ユフィの心の叫びが悲愴です。

「いや…殺したくない」

画像画像




この後はもうほとんど見れません。
無邪気に「殺しなさい!虐殺です!」と言っているユフィが痛いです。


実はルルーシュが意図せず発した言葉がギアスになってしまうパロを妄想して一人で楽しんでいたことがあるのは内緒です。

ルル「俺はメシアじゃあない!」メシアたらんとした思い上がりが痛い形でしっぺ返しをくらっています。
ルル「俺に押し付けるな。罪を償えと、しょいこめというのか。俺が」 一度はユフィーと手を取り合って上手くいくかに見えた行政特区ですが、ルルの一言で状況は一変します。すべての真実はルルーシュのみぞ知る。この結末に誰が責任をとれるというのでしょう?くどいようですが「王の力はお前を孤独に…」

ディートハルトにとっては最高の策に見受けられたようです。確かに虐殺命令によりユフィーの日本構想は地に落ちた。その一方で存在意義を増すのは圧制「ブリタニア」に対抗するテロ集団「黒の騎士団」ですよ。こんなに上手くいくシナリオはない。さすがのシュナイゼルお兄様もシナリオが狂ってびっくりですよ。まさかユフィが大量虐殺を命じるとは想像もつきません。

皇帝は高笑いです。「あやつ、やりおったか!!」 ユフィのことを指しているのでしょうか。高笑いということは、日本人なんか殲滅してもいいと思っていたということですね。まるでナチズムです。



この期に及んで謎だらけ

なんだか分からないことだらけになってきました。これだけの伏線があと3回で回収できるとは思えません。焦・ら・しプレイですか。そうですか。


スザクとC.C.とルルーシュ



スザクがC.C.と接触。見えているのはC.C?
スザク「何故、ゼロなんかと一緒に…」
C.C「見えているようだな…間接接触と神根島の件がきっかけになったのか…。それともあいつが?だとしたら…」 

言っている意味が全く分かりません!!どうして「何故ゼロなんかと…」と言っているの?成田で見かけたということではなく、C.C.そのものを元々知っていたんですか?
「それともあいつが?」って何なんですか?
「だとしたら…」って何なんですかぁ~?

降りてきたC.C.をみて「やっぱり」とつぶやくスザク。やっぱり元々知っていたんですかぁ~。

そして「メシアは二人もいらない」と言うルルーシュの左目がいきなり激痛に襲われる。シンクロしてC.C.も左目を抑えて倒れる。C.C.の額にギアスマークが!

「まさか…もう」こうなることは分かっていたんですか?C.C.
もしそうなら、何故事前に忠告してくれなかったのですか!

スザクが成田の二の舞に…。
そして、C.C.に触れたもの全てがギアスの犠牲に…。ギアス暴走ですか?もう何が何だか。


謎・謎・謎


     
  • 冒頭 ダールトンに捕まった人たち誰ですか?たちきるべき関係とは?NAC=
    京都?からの利益供与ってなに?クロヴィスを食い物にしていた?

  • ダールトンと桐原が黒いつながりを持っている。富士の無血開城とゼロへの援助凍結を交渉しております。ブリタニアは桐原がゼロの援助をしていることを知っている。知ってて泳がせていたの?すべてブリタニアの手の内ですか?でも、桐原はあくまでゼロの味方である発言をしています。
  • 中華連邦「ゼロが現れるはずがない」といったその根拠は?「われわれが入手した彼らのデータが真実なら」といっているもの中華連邦なんですよね。どこからどんなデータを入手しているんですか?中華連邦っていまいち実態が分かりません。以前C.C.もなにやら工作していたし、マオも中華連邦の出身みたいだし、クロヴィスもなにやらやり取りしていたし、この間はサワサキなる一発屋を介して侵略してきたり。





なーんか気になったこと

  • ゼロのボディーチェック、杜撰すぎません?絶対あやしい人物なのに、マントの中も仮面もスルーですか。金属探知機だけなんて。

  • 「セラミックスと竹のニードルガン、これは探知機では見つからない。」随分説明的なセリフですな、ありがとう、ルルーシュ。分かりやすくしてくれて。

  • スザクは相変わらず「ユフィ」呼びですか。

  • 神楽耶が初めてクローズアップされました。「今動かずして、何のための京都ぞ!」 男前です。

  • これでルルーシュの命令はすべて「神の声」となってしまうんですか?一度ギアスをかけた相手以外には…。仮面がはずせなくなりますぞ。

  • こういう回は和気藹々とアフレコにはならなさそうですねと想像。台本もらっただけで鬱になりそうです。スタジオ集合時にはみんなシビアな顔をしていて、やり終えた後も「さっ、飲み飲み」とかならなさそうです。



画像 
↑ここまでお読みいただき、ありがとうございます。「海豹の隠れ家」は人気ブログランキングに登録しております。記事を気に入っていただけましたらポチっと押していただけると、大変うれしいです(*^_^*)。またお会いできる日を(^^)/~~~。



金曜1:55~ TBSにて視聴
(木曜組にいつも先を越されるのがびみょ~に寂しいデス。木曜朝から金曜朝まではBlogチェックは我慢、我慢ですよー
22話ほど1日遅れで残念と思ったことはありません。私がのほほんとスケートを見ている間に、木曜深夜地域ではあちこちで狂想曲が巻き起こっていたとは…。出遅れてる。。







コードギアス 反逆のルルーシュ 3
コードギアス 反逆のルルーシュ 3 [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年03月24日 17:19
ギアスの暴走、なんかイマイチ腑に落ちないんですよね。今までのは完全な命令形でかつそこで一旦文が終了しているものなんですが、今回のは命令しているわけでもなければ文も終わってないわけで、なぜここで発動してしまうのか?って感じです。

冒頭でダールトンに捕まっているのは事務次官たちでしょう。クロヴィスがあまり政治的なことは得意じゃないから色々と裏でやってたんでしょうね。

いや、でもユフィとルルが手を組んでブリタニアを倒す!のが2期だったらな~と思ったんですが…。来週は「せめて哀しみとともに」一体何がせめて何だ?と思うのですが、予想としてはギアスが解けた後、何も覚えていないユフィにルルが「せめて哀しみとともに死んでゆけ!」的なことを考えておきます。
2007年03月24日 17:29
>ギアスの暴走、なんかイマイチ腑に落ちないんですよね。

確かにそうですよねぇ。命令もあいまいだったのに、いきなり虐殺!ていうのもおかしいし、ギアスにユフィが一旦逆らったというのも初めてなのでは?このギアスはどこまでいったら解けるんでしょうかねぇ。日本人殲滅してからとかだったりして。

いつもよりハピゆきさんのコメントが真面目です。
2007年03月26日 14:55
え、俺いっつもそんなふざけた事書いてましたっけ?いつも大真面目に書いてたような気がするんですが気のせいですかね?

ちなみにウェブリブログの記事別ランキングでこの記事51位でしたよ。いつも月曜日はコードギアスの記事がランキングに多発するw
2007年03月26日 21:44
>ハピゆきさん
そうそう、いつも大真面目にふざけたことを書いていたんですね。。というのは冗談で、いつも必ずなんか落ちがついていたような。。

ウェブリブログ…ひょえ~~。こんなところに載る日が来るとは…。今までノーチェックでしたよ。っていうか、ハピゆきさん凄すぎじゃないですか。もう少しでトップページに出てきそうな勢いですよ。かーねぎーさんも載ってる!
ハピゆきさん、かーねぎーさんには全然およびませんが、私も毎日カウンター最高記録を更新中です。コードギアスすごすぎ。

この記事へのトラックバック